【一般無料】謎の体調不良(広岡ブログ)


・〇〇に異常がある人が増えている…

・実は日常から危険なサインが出ている?!

・◯◯しなければ

・食を氣をつけるだけでは健康にはならない!?

自分の中では明かに体調不調を感じているのに、医者に行くと

「特に異常はありません」

「疲労が溜まっているだけなので、ゆっくり休んでください」

などの曖昧な返答で解決策が出ないことはあります。

ゆっくり休むといっても仕事が忙しければ、休むことなど出来ないと思いますし、
医者から曖昧な返答を受け、具体的な病名がなければ周囲の人間も納得しないため、中々不調を伝える事が出来ず、自分の中で抱え込むケースが増えています。

さて、以下の問いに対して、あなたは、いくつ当てはまりますか?

・めまいや耳鳴りがする時が多い。
・立ちくらみをよく起こす。
・胸が締め付けられる感じがする。
・または胸がザワザワする感じが時々ある。
・心臓の鼓動がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
・息苦しくなるときがある。
・夏でも手足か冷えるときがある。
・胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
・よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
・肩こりや腰痛がなかなか治らない。
・手足がダルイ時が多い。
・顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
・朝、起きる時に疲労を感じる。
・氣候の変化に弱い。
・やけにまぶしく感じる時がある。
・寝ても寝ても寝たりない。
・怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
・風邪でもないのに咳がよく出る。
・食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

これらは自律神経に異常があるかどうかの質問ですが、
2つ、3つ当てはまる人は、自律神経に負担がかかっている可能性があり、
それ以上の人は、かなりの負担がかかっている可能性があるとされます。

人間の働きは神経にコントロールされているため、
異常をきたすと、心身ともに不調の原因となります。

●自立神経を整えるには?

さて、何度かお伝えしていますが、日頃から運動をしていますか?

自立神経を整える方法は沢山ありますが、
今回は運動面からのアプローチです。

勿論、スポーツ選手のようにハードな運動をしろというわけではありません。

ただし、体にどれだけ良いものを取ろうが、食事に氣をつけようが、
運動をせずに筋肉や骨が衰えれば、それは老化を加速させ不調を招く原因となるということ。

そして、同様に頭も使わなければ、機能は衰え認知症の原因となります。

「使わないものは衰える。」

こう書くと当たり前の事ですが、積極的にアクションをする人は限られてきます。

自立神経と運動には深い関わりがありますが、
ただ運動すれば良いわけではなく、自立神経を働かせるために必要な運動の条件というのがあります。

●自律神経を整える運動の条件

それは、ある程度一定のリズムで行えて、左右対象の動きになるような運動であること。

そうなると、自転車、水泳、ウォーキングなどがあげられますが、
水泳は次亜塩素酸の害が氣になりますし、自転車も乗れない人もいたり、
置くスペースがないという方もいるので、やはり手軽に始められるウォーキングが良いです。

ただ歩くだけではなく、左右の動きが対象になるように手や足を動かし、
少し早めに歩くことで、さらに代謝アップ効果が期待できます。

背筋を伸ばすことも特に大切で、おへそと背中がくっつくようなイメージで
背筋を伸ばすと、全身の筋肉がうまく稼働してさらに代謝が上がりやすくなりますので、意識してみてください。

あらためて、どんなに良いものを取ろうが、食事を氣をつけようが、
人間は運動なくして真の健康体になることは難しいです。

もちろん食を氣をつけ、体に良いものを積極的に摂取することは極めて重要ですので、
その大前提があった上で、あらためて、筋トレやウォーキングなど、体を動かす事を意識した生活を取り入れてみてください。

無料メールNEWS登録こちら


酵素教室や勉強会のご案内はこちら