【一般無料】人間を進化させるホルモン(健康基礎講座)


・幼少期の環境で幸せが決まる!?

・でも、後天的に改善できる。

・唯一○○するホルモン

・他のホルモンとの関係性

私達が「楽しい!」「幸せだな~」と感じる時、体内でも変化が起きています。

血流が良くなり、筋肉は緩み、心地良い眠気を感じます。
そして、幸せを感じるホルモンが分泌されています。

幸せを感じる時に分泌されるホルモンはいくつかありますが、
その中でも心身に与える影響が広範囲にわたると言われるのがオキシトシンです。

オキシトシンは痛みを和らげたり、自律神経を整えるなど体にとって良い効果がたくさんあります。

もともと1906年に発見され、当時は妊娠と出産のプロセスを促進するホルモンと
母性を育むホルモンとして発見されました。

授乳をする時に母親の体内にオキシトシンが分泌されていましたが、
その後の研究で出産のときの子宮収縮や母乳の分泌を促す働きがあると分かり、
お母さんのホルモンと呼ばれていました。

しかし、その後の研究によって老若男女関係なく、妊娠経験の無い女性も
オキシトシンを分泌するという事が分かってきました。

オキシトシンはその他にも痛みを和らげる効果そして、人との交流を深める効果など
心にも良い作用があるということが分かってきています。

人間は様々なホルモンを有していて そのどれもが自分の体を維持するためのものなのですが
他の人に影響を与えるのはオキシトシンだけなのです。

ドーパミンやセロトニンは幸せホルモンと呼ばれていますが、オキシトシンが決定的に違うところは
人との交流によっても分泌されるところです。

ドーパミンやセロトニンは体内の中で作り出す物質に対して
オキシトシンは人との交流によって作り出すことができる。

つまり、自分の意思によって作り出すことができる大変有り難いホルモンなのです。

例えば、あなたが道を歩いている時にたまたますれ違った人が転んでしまい、
その人を助けた時、助けたあなたと助けてもらった人の両方にオキシトシンが分泌されます。

さらには、その光景を見ていた周囲の人が、その親切な行為に心が安らいだら
その人達の体内にもオキシトシンは分泌されています。

人と人が仲良く交流している時、オキシトシンはお互いに分泌します。

互いに協力したり、信頼関係を築く時に欠かせない存在ということは
人間が今日まで代々命を受け継いできたのは、まさにオキシトシンが一役買っているからとも言えます。

では、逆にオキシトシンが少ないと人間はどうなるのでしょうか?

幼い頃の環境(戦家庭環境や戦争など)によって、母親から愛情を十分に受けられなかった子どもは
オキシトシンの分泌が少ない事が分かっています。それによって、イライラしたり自己中心的、
あるいは閉鎖的になってしまうなど、その後の成長に支障が出てきてしまうのです。

3歳までに親の愛情を受けたかそうでないかによって、その後の人生が変わると言われるのは
オキシトシンの分泌量の影響もあるでしょう。

しかし、成長した後でもオキシトシンの分泌量を増やすことは可能です。
それには周りの助けが必要となります。オキシトシンの分泌が多い人と人との交流を好む人達の中に
身を置くことで オキシトシンが分泌されるようになります。

また、日本には昔より手当てという言葉がありますが、これは怪我をした時にその幹部をさすることで
痛みを和らげるというものです。プラシーボ効果という呼び方もされますが、これは決して気のせいではなく
痛みが和らぐと思うと脳内麻薬が働き、鎮静効果をもたらすというものです。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークを続けている人、特に一人暮らしで人と会う機会が
激減している人は、オキシトシンの分泌量が減少している可能性があります。

しかし、諦めないでください。1人でもオキシトシンを増やす方法はあります。

それは腹式呼吸です。

腹式呼吸をすると脳内環境がリラックスした状態になり、オキシトシンが出やすい状態になります。
つまりそれは副交感神経が優位になっているということです。

私達は、焦ったり不安になった時に「深呼吸をしましょう」と言うことがありますが
これは副交感神経を高めるための素晴らしい知恵なのです。

腹式呼吸には血圧を下げたり、血糖値を下げたりするなど他にもメリットがたくさんあります。

オキシトシンによって体は健康になり、心が満たされる。

しかも自分の意志によって分泌量を増やすことが出来て、他の人と作用し合うという
実に素晴らしい働きをするホルモンですね。

自分の意志で増やすと言っても簡単な方法ですので、すぐに取り掛かれます。
是非試してみてください。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


酵素教室や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら