【一般無料】糖尿病は改善できる?!(広岡ブログ)


・40歳以上の4人に1人とも言われる糖尿病、決して他人事ではない

・現代人は、「○○過多」に陥りやすい

・あっという間の転落人生!?嫁、子どもにも見放されて一人で生活

・糖尿病は進行が進むと、三つの恐ろしい病気に

・糖尿病の原因とは

新年が明けました。

今年も宜しくお願い申し上げます。

今の日本の現状を見ていると、今年も病気は増えそうですね。。。
しっかりと対策を立てなくてはいけません。

今回は糖尿病(主に2型)について書かせて頂きます。

40歳以上の4人に1人とも言われる糖尿病、決して他人事ではありません。

糖尿病の初期症状は、
足や手に痛みやしびれ
ED(勃起不全)
皮膚乾燥・かゆみ
頻尿・多尿、多汗、のどが渇く

などが上げられます。

現代人は、精製された精製小麦、白米、お菓子、缶コーヒー、スイーツなどに囲まれており、
糖質を必要以上に摂取してしまう「糖質過多」に陥りやすく、何も氣にしないでこれらのものを食べていると
晩年は糖尿病になる可能性が高くなります。

一緒に糖質の代謝に必要な、ビタミンB群などを摂取出来ていればまだ良いのですが、
上記のものには、炭水化物以外の栄養は殆ど含まれません。

栄養のない炭水化物ばかりを摂取していると、体の機能は衰えていきますから、
糖尿病の問題に留まらず、どんどん無気力になり、情熱もなくなり、頭も悪くなり、体力も無くなるという悪循環に陥ります。

「若い頃はあんなに元氣があり、頑張っていたのに今は見る影もない」

そういった人は増えている…と感じますが、
ここで、先日お会いした方に聞いたエピソードを一つご紹介します。

50代男性の話で、若い頃は某有名企業で、バリバリ働いており、
年収も1,000万円は超えるほど稼いでいたのですが、45歳で糖尿病と診断。

その後、徐々に様子がおかしくなり、、
今までの働きがウソのように、、、豹変。

集中力は無くなり、判断力も鈍り、ミスを連発。仕事がドンドン出来なくなり3年後に退社。

現在は、アルバイトで生計を立てているそうですが、

生活環境は悪くなる一方で、現在は糖尿病にもかかわらず、医者の言うことも聞かずに、
炭水化物ジャンキーとなり、うどん、パスタ、チャーハンなど、山盛り食べて生活しているそうです。

部屋はゴミ屋敷で異臭が漂い、3日に1回しかお風呂に入らないという生活を繰り返し、
嫁、子どもにも見放されて一人で生活をしているそうです。

このまま行くと間違い無く、透析をして、入院し、合併症に苦しみ
最悪命を落とします。

しかし、これは糖尿病だけに限った事ではなく、
病気になると、一氣に転落人生になる可能性を秘めている事を忘れてはいけません。

僕はこの話を聞いた時に他人事とは思えませんでした。
本当に氣をつけていかないと恐いなと。。

そして、糖尿病は進行が進むと、以下の三つの恐ろしい病気になります。

糖尿病腎症

症状が悪化すると、腎臓が機能しなくなり人工透析が必要になります。
透析は週に3回、各4時間。

透析を受けているのは現在約32万人とされ、年間5,000人のペースで増えています。

糖尿病網膜症

これは、失明原因の第1位で、年間3,000人の糖尿病患者が視力を失っているという恐ろしいデータがあります。

血糖値が高い状態が続くと、目の毛細血管が破れて酸素や栄養が届かなくなるため、
自覚症状もなく、ある日突然目の前が真っ暗になることが多いのも特徴です。

糖尿病神経障害

神経細胞に血液が届かなくなり、全身の神経に障害が起こります。
そうなると、ちょっとした傷や水虫により足が腐り、年間2万本もの足が切断されています…

糖尿病の原因とは

そんな恐ろしい糖尿病ですが、一番の原因はなんと行っても食事です。

改善するには、糖質を控えること。これだけです。

理論的には簡単な事なのですが、
精製された糖質は麻薬のような中毒性があるため、中々断ち切る事が難しいです。

麻薬はコンビニでは購入できませんが、ケーキはコンビニで購入出来るので、
どこにでもある分、もしかしたら、麻薬より辞める難易度は高いかもしれません。

なので、食事も工夫しながら改善していかなくてはいけませんが、
食材としてオススメなのは大麦です。

福島で行った2型糖尿病の男性109人を対象としたコホート研究では、麦ごはん30%の長期摂取によって、空腹時の血漿グルコースおよびHbA1cレベルが大幅に低下
さらに、インスリン治療を受けていた18人中5人、経口血糖降下薬治療を受けていた34人中17人が治療を中止できたとのことで、高食物繊維食が2型糖尿病の改善に有効である可能性があります。

という事は、玄米も勿論良いということですね。

玄米食は多くの酪酸産生菌の増殖を促し、良好な腸内細菌の維持に役立ちますし、
腸内環境が乱れると糖尿病のリスクが上昇するという研究経過は沢山ありますので。

血糖値が急激に上がる食材を控え、低GI食品に徐々に切り替えていきましょう。
ちなみに、野菜が体に良いからといって油断していると、
ジャガイモやにんじんはGI値は非常に高いので注意。

以下のサイトはGI値の参考になりますので氣になる人は見てみてください。
http://www.timesoft.jp/mini/2002/04-06/0607.html

ファスティングも効果的で、末期の糖尿病と合併症が奇跡的に回復した例もありますが、
ファスティングを行う場合は、キチンとした専門家の指導を受けて行うようにしましょう。

●まとめ

・40歳以上の4人に1人とも言われる糖尿病決して他人事ではない。

・「糖質過多」に氣をつける

・糖尿病になると、無気力になりウツになりやすい

・糖尿病はさらに進行が進むと、三つの恐ろしい病気にる。

・高食物繊維食が2型糖尿病の改善に有効である可能性がある

さて、明日から2020年最初の、健・経・美セミナー(11日)、深話会(12日)と2つの貴重でパワフルな勉強会が始まりますよ!

お楽しみに!

では

現在募集中の、酵素教室、勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180