【一般無料】女性の健康と鉄分(健康基礎講座)


・貧血には2種類ある

・貧血と診断されなくても油断は出来ない。

・全身の健康やアンチエイジングにも効果を発揮!

女性は一生を通してホルモンの変化によって大きく影響を受け、
鉄欠乏の貧血にもなりやすい。

私は大丈夫と思っていても、実は隠れ貧血の可能性もあるのです。

食事から摂り入れた鉄分は、3分の2が赤血球のヘモグロビンの原料になり、
酸素と結びついて全身の細胞に酸素を届けます。

そのため、鉄分が不足すると酸素が十分に行き渡らなくなり、疲れやすくなります。

残り3分の1の鉄分は、血液や組織、貯蔵用に使われます。
ヘモグロビンに使われる鉄分は生きるために最低限必要な分量ですので、
鉄分が足りていないとその他に回りません。

体内の鉄は肝臓や脾臓に蓄えられていて、鉄不足になると、まずそこから鉄が使われていきます。
これが潜在性鉄欠乏性貧血の初期段階で、貯蔵鉄を使い切ってしまうと、
次は血清鉄から鉄が使われます。検査で「軽度の貧血」と診断されるのがこの段階です。

それでも足りなくなり、さらに組織鉄が使われるようになって鉄欠乏性貧血と診断されます。
この時点で、既に体は危機的な状況なのです。

放置すればさらに貧血が進み、自律神経失調症やうつ病など深刻な症状につながります。

次の症状がある人は、検査で貧血と診断されなくても隠れ貧血の可能性があります。

立ちくらみ、めまい、耳鳴り、朝起きられない、食欲不振、湿疹、吐き気、
動悸息切れ、顔色がくすむ、風邪を引きやすい、頭痛、歯茎から出血、
むくみ、肩こり、腰痛、便秘、下痢、注意力の低下、イライラする、
気力の低下、記憶力の低下、生理痛、くしゃみ、鼻水、口角炎など

鉄不足の原因は、生活習慣にもあります。
睡眠不足やストレス過多の状態が続くと、多くの鉄分が消費されます。

鉄分が脳内ホルモンを合成するために必須で、頭の回転やひらめき、感情や意欲をコントロールして
心の安定に欠かせないためです。

また、睡眠中は体内に鉄分を貯める時間でもあるので、睡眠不足だとますます鉄分が失われていきます。

それだけではありません。睡眠に関わるメラトニンというホルモンはセロトニンから合成されますが、
鉄が不足すると材料となるセロトニンを合成出来なくなくなるので、眠りに入りにくくなります。

さらに鉄はメラトニンを分解する働きもするのですが、鉄不足だと上手く分解できずに
残ってしまい、朝なかなか起きられなくなるのです。

鉄分は骨や皮膚、粘膜を作り、新陳代謝に関わるほか、コラーゲンを合成して若々しさを保ったり、
免疫力を高めたり、活性酸素の消去にも関わるなど、全身の機能を助けています。

女性がいつまでも若々しく綺麗でいためにも、鉄は欠かせない栄養素です。
肌のハリを保ち、シミやシワを防ぎ、そして肌色を明るくする効果もあるので若々しい印象を与えます。
また、目の下のクマは鉄不足による血行不良の状態なので、鉄分を摂って改善しましょう。

鉄分は小松菜、大豆や味噌や納豆、切り干し大根、魚、貝類などに豊富に含まれますので
食事に摂り入れてみてください。

ホルモンのおかげで女性らしくなり、気持ちも明るくなります。
変動しやすく体調や心が不安定になることもありますので、
栄養をしっかり摂って、体調のバランスを整えましょう。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


酵素教室や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら