【一般無料】女性の体と心の変化(健康基礎講座)


・変化に富んでいるライフスタイル

・女性の〇は男性の2倍

・しかも二次的に起きる問題が怖い!

現代はストレス社会と言われます。
環境汚染、寝不足、経済的不安、病気、複雑な人間関係・・・

そのような環境において、女性が受けるストレスは様々です。

もともと女性は一生の中で多くの変化があり、反面それがストレスにもなっています。

思春期、生理周期、妊娠、出産、更年期のよう年齢を重ねる中でホルモンの変動があり、
体の変化とともに気持ちにも影響を与えています。

女性ホルモンは非常に不安定です。ストレスの影響を受けやすく、
わずかな環境の変化や心の状態で変動します。

女性の人生は体の変化だけではなく、ライフスタイルも変化にも富んでいます。

学校を卒業して就職、結婚と環境が様変わりします。
結婚によって住み慣れない土地に移ることもあり、男性よりも女性の方が
大きく環境が変わる傾向があります。

それに伴い心も影響を受けて、女性は男性に比べて2倍も鬱になりやすいと言われています。
女性の中で10~25%の人は、一生に一度は鬱になると推計されています。

その原因として白米、白砂糖、小麦など精製された糖分の摂り過ぎが考えられます。
特に女性は甘いものが好きでお菓子を食べ、低血糖になる人が多いのです。

低血糖になると、自律神経失調症のほかに精神・神経症状が強く表れます。
鬱っぽい、キレやすい、過食や拒食などの症状は、鉄欠乏とも重なります。

鉄が欠乏すると甘いものが食べたくなります。
それを食べると今度は低血糖になり、具合が悪くなってしまうのです。

生理のある女性のほとんどが鉄が欠乏しているという事実です。
鉄分が欠乏すると貧血につながり、鬱にもつながっています。

また、産後の鬱を引きずるケースも多く、心配なのはそれが虐待につながる恐れがあることです。

頻繁に児童虐待事件について報道されているように、近年その件数は激増しています。
厚生労働省の調査では、児童虐待で受けた相談件数が
平成2年は1,000件、平成26年には90,000件近くに上っています。

しかも、加害者の半分以上が実の母親で、被害者のほとんどが3歳未満の乳幼児なのです。
精神状態が不安定な母親が増えていて、子どもが好きなのに自分をコントロール出来ず
暴力をふるってしまう、深刻な悩みを抱えています。

女性の体と心を整えるために、毎日の食事の中で鉄分を取り入れることは大切です。

鉄分はあおのり、ひじき、鮎、あさり、大豆、納豆や豆腐などの大豆製品、
ごま、切り干し大根などに含まれています。

女性が元気になると何か人のために役に立ちたいという思いが強くなり、周りの人を助ける事で大きな喜びを感じます。
家庭内は明るくなり、社会に貢献する幅も広がると思います。

子どもが傷つけられ、命まで奪われる事件が後を絶ちません。
悲しいことに、母親(または両親)の体も心も悲鳴を上げています。

元気な母親が増えれば、夫も子ども元気になります。
出産や子育てに喜びを感じる人がもっと増えてほしいと願います。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


酵素教室や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら