【一般無料】あなたは隠れ○○?(広岡ブログ)


・体がいつもだるい
・寝つきが悪い
・強烈な眠気
・不安感
・集中力の低下
・寝ても疲れがとれない
・ちょっとしたことで落ち込む
etc…

これらの症状に心当たりのある方は?

季節の変わり始めは、体調を崩しがちです。
しっかりと対策をしていきましょう!

さて、突然ですが、以下のような症状に心当たりはありますか?

・体がいつもだるい
・寝つきが悪い
・強烈な眠気
・動悸・息切れ
・不安感
・悪心
・集中力の低下
・言葉が出にくい
・物が見えにくい
・混乱
・寝ても疲れがとれない
・お腹の調子が悪い
・便秘がち
・気分の波が激しい
・ちょっとしたことで落ち込む

これらの症状に心当たりのある方は「低血糖症」かもしれません?

低血糖症とは「血糖のコントロールが不良となり適切な状態に維持できない病気」です

現代の子どもがキレやすい子が多かったり、凶悪な犯罪の背景には、低血糖症が原因とも言われています。

●なぜ低血糖症が起こるか?

主な要因は「糖質の過剰摂取」です。

つまり、甘いスナック菓子、デザート類、ジュース類や炭酸飲料などの過剰摂取です。

しかし、上記の食べ物を控えていても、主食にパンや、白米など、「血糖値が急激に上がるもの」を主食にしていると
甘い物を控えていても低血糖症のリスクは高まるので注意です。

もっと言えば、普段から、白米、パンを常食として、デザートや砂糖がたっぷりの清涼飲料水などを食べている人は、低血糖のリスクはかなり高まると言えます。

血糖値が上がる食べ物ばかりを食べていると、高血糖になってしまいそうですが、
糖質やカロリーの高い食べ物を摂り過ぎる生活が習慣化することで、膵臓が疲れてしまい、機能障害を起こしてしまうとされます。

その結果として、少量のお菓子を食べただけなのに必要量以上のインスリンを分泌したり、
必要がないのに出し続けたりして、常に血糖値が下がり過ぎた状態が続いてしまうことになります。

これが低血糖症の簡単なメカニズムです。

精製された砂糖や異性化糖、ブドウ糖や果糖、人工甘味料などは「百害あって一利無し」なので、
極力控えるようにしましょう。

●人体ではどんな反応が起こっている?

過剰に摂取した糖質によって、急激な血糖値上昇が引き起こされ、
血糖値を下げる唯一のホルモンと言われるインスリンが大量に分泌されます。

そうすると今度は血糖値が下がりすぎてしまうために、
生体は血糖値を上昇させるために、グルカゴン、アドレナリン、糖質コルチコイド、チロキシンなど、各種ホルモンを分泌します。

こういったホルモンが新しい糖類を作ろうとして、血糖値を上げようとするのですが、
血糖値を上昇させる各種ホルモンは、血糖値上昇以外の作用もあります。

アドレナリンを例に見てみましょう。

元々アドレナリンは、生体に危機的状況が生じた時、危機から脱出するために分泌されるホルモンであり、
闘争か逃走か (fight-or-flight)のホルモンといわれています 。

その作用は血糖値上昇作用のほか、主に交感神経を刺激して全身に様々なストレス応答を起こし、

・心拍数の上昇や血圧の上昇
・心臓や骨格筋の血管拡張と皮膚や粘膜の血管収縮
・消化管運動の低下
・中枢神経の興奮作用

などを引き起こします。

必要な時だけアドレナリンが適量分泌するのなら、問題はないのですが、
低血糖症になると、ほとんどいつもアドレナリンが分泌され続けてしまうので、常に興奮状態になる。
そのため、休息時に働く副交感神経とのバランスが乱れ、様々な不調が起こるとされます。

これを、自律神経失調症といいます。

そして、長期的に膵臓を酷使してインスリンを長く多く生成させると、
最後には消耗して作動しなくなり、血液にインスリンを注入しなければならなくなる。
これが「糖尿病」の原因の一つです。

過剰な糖質の摂取は、あなたが想像している以上に万病の原因になるので、注意しましょう!
ウィルス癌細胞の大好物(エサ)が悪質な糖質(白米、白砂糖、精製小麦、人工甘味料)であることもお忘れ無く。

●対策

なんと言っても糖質の摂取を控える事です。

完全に絶つ事が理想ですが、中々やめられないものですし、
「食の楽しみを奪われるのは嫌だ!」という方もいると思いますので、工夫していきましょう!

まずは摂取する食べ物を血糖値が上がりにくい物に変えることです。

白米⇒玄米
白砂糖⇒アガベシロップ
精製小麦⇒全粒粉
ジュース⇒お茶
(摂取するものは、農薬や化学物質を避けるのは基本)

そして、なんと言っても我々の「無添加・ヘルシー酵素」は味も抜群に美味しく、
血糖値の上昇などにも配慮しているので、安心!

習得いている人は活かしていきましょう!

※市販の酵素は人工甘味料や余計な甘味料が使われているものもあるので注意。

さらに来場特典でお渡ししている豆乳ヨーグルトと混ぜて食べれば、美味しいだけでなく、
たんぱく質の摂取や、善玉菌への作用や、低カロリーで腹持ちも良い、理想的なダイエット食にもなります。

是非活かしてください!

●まとめ

・様々な不調の原因として、低血糖症が疑われる。

・その主な原因は糖質の過剰摂取。

・過剰な糖質の摂取でインスリンを必要以上に分泌させ、アドレナリンなどの、
各種ホルモンの影響で、人体に悪影響を引き起こす。

・対策として極力血糖値が上がらない食べ物に切り替えていく。

・さらに我々の無添加・ヘルシー酵素を習得している方は、
うまく利用することで、楽に低血糖症の予防ができる。

以上です!今日の情報も健康維持のために役立てて下さい!

さて、いよいよ10月の酵素教室が始まります!

絶品アップルパイン酵素!

先週も書きましたが、今までにはない新しいレシピ!

パインとリンゴはどちらも栄養価が高く、
ビタミン、ミネラル、食物繊維、フィトケミカルもたっぷり!

このレシピは、恐らくもうやらない可能性もあるので?
お見逃し無く!

そして、10月12日(土)はいきいき講座、翌日の13日(日)は何でも聞ける交流会と、
勉強会やその他イベントも充実です!

目次も更新しております!
年末に向けて知識も健康も行動も進化させていきましょう!

現在募集中の、酵素教室、勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180

では