【一般無料】蕎麦の効能(広岡ブログ)


・人間だけに与えられている能力

・「考える」能力の本質に迫る!

・時間を飛び越えたように

・人間だけが持っている歪な感情…

・100年時代を楽しく生きる

生きるために必死で泣いてる蝉達の声も静かになってきました。

同じ生き物で、寿命は何故これほどまで違うのか不思議です。

蝉の寿命が短いのは何故でしょうね?

地球上にいる沢山の生物の中で、人間だけが夢を追い、新しいものなどをクリエイトすることが出来ます。

どうぶつは、ある意味において人間よりも優秀な存在ですが、
人間だけに与えられている能力もいくつかあります。

その一つに「考える力」もあるのではないでしょうか?

僕は「考える」というのは苦手なほうでしたが、
9月14日に行われた「いきいき講座」では「考える」ことを更に深掘りした本質に迫る内容でした!

ここ何ヶ月の「いきいき講座」では「考える」をテーマに行ってきました。
その内容はどんどん進化して、より具体的に鮮明に心に響いてきます。

ビジネス書に書いてあるような○○シンキングなどは、
きっかけに過ぎず、考えることの本質を捉えていないのだと永伊監督は言います。

永伊監督の教えは超実践的な教えですから、ビジネス書などに書いてあるようなものとはワケが違います。

今回も時間を飛び越えたように錯覚するほど、「あっ」という間に終わりの時間になっていました。
それほどまでに充実した内容で、斬新で、深いものでした。

しかし、話されている内容は斬新ですが、
根底にある思いは本当にシンプル。

「ハッピーになろう」

誤解を恐れずに言うと、基本的には、これだけだと思います!?

ガンも血栓も糖尿病も認知症もハッピーにはほど遠い
↓↓↓↓↓↓
「だからこそ健康に氣をつけよう」

となりますし、今回話して頂いた超実践的な成功哲学も、
最終的にハッピーになるためでなくてはいけない。

そのために必要なことを永伊監督は教えてくれています。

どんなに経済的に成功していても、
精神的に満たされない方も沢山いらっしゃいますし、病気になってしまったら、築いてきたものを全て失います。

そうならないために、今から出来る事は何か!?何をすればよいのか!?
その各論を語って頂いているのです。

今回、様々な思考法を教えて頂いたのですが、
最後に「永伊監督が何故これほどまでにエネルギッシュなのか」の秘密も明かされました!?

それは地球に存在する生命体としての本質と、現代社会の問題点まで繋がる話です。

精神的に病む人が爆発的に増えている理由や、人間だけが持っている歪な感情…

人間だけが、、、

もっと言えば「現代人だけ」が持つ生命としての欠陥と未熟さ…

その問題に氣づく人は永伊監督だけでしょうが…

永伊監督が見抜いた「現代人に忍び寄る問題」に、氣づく事は難しいとは思いますが、
「何もせずにボーッと」生きていると、徐々に蝕まれていき、自分と周りに悪影響を及ぼして氣がついた時には既に手遅れに!?

そうならないために!以前にも書きましたが、
まずは僕のブログで書いているような「基本的な食の事」をまずは氣をつけてくださいね。

それ無くしては、どんなに高度な学びも定着せず、
知識も意識も 水を掬うように流れ落ちていくでしょう。

この日も最高の学びの場でしたが、
その翌々日(9月16日)にも強力なイベントが待ち構えていました。

100年時代を楽しく生きるセミナーです。

100歳の割合は、

1963年は全国でわずか153人だったのが、
25年には13万3千人
35年は25万6千人
50年には53万2千人に上ると予測され、200人に1人は100歳になるとされます。

しかし、9割が自然に死にたいと言う反面6%しか実現出来ていません。

ある病院では90人の透析を行っていて、その7割が認知症になっています。

生きるために透析をやっているのか、透析の為に生きているのか分からないと、
その現状に疑問を持つ医師も多いようです。

因みに、85歳以上の心肺停止、延命をやっても意識が戻る可能性は0.5%とされます。

その中で、延命治療を続ける人も沢山います。
ある病院では30のベッドの全てが意識不明の高齢者で埋まっているのです。

国の統計では、このように寝たきりで意識が無くても、100歳とカウントされますが、
果たして、それは生きていると呼べるのでしょうか?

YESと答えた人は何故でしょうか?NOと答えた人は何故でしょうか?

皆さんの中で、「生きている」の定義は何でしょうか??

僕の答えは書きませんが、そのような事を考えると、
終末医療の問題にも、自分なりに決着はつけれるかもしれませんね。

この日、永伊監督が語れた内容は、
優れた随筆作品(エッセイ)のように自由に様々な学びを短く鋭く伝えて頂きました。

それが非常にわかりやすく、内容も凄いものばかり!!!

永伊監督の若さの秘密!?
見た目を若く保つには!?
一月10円で暮らす方法?
食べなくても生きるには?
絶対に溺れない方法…

など、これだけでもかなりの内容ですが、、、

後半の話では、14日に行われた「いきいき講座」で行われた学びをさらに加速するような内容が!!!!

「人は三つの世界のどこかに属している」と永伊監督は言います。
必ずあなたは、その三つの何処かで暮らしているのです。

もし、あなたが、○○の世界に生きていたら…それは大変な事になりますよ。

ここでは書けない事になるので、これ以上は書けませんが…

16日は無料イベントだったので、
関東近郊の方は特に、スケジュールの優先度を上げて来るべき内容でしたね。

このような特別なイベントは、次回はいつあるか分からないので…

最後に100年時代を健康に生きるために大切な要素の一つである、食の事を少し書きます。

●蕎麦の効能について

日本人といえば蕎麦ですが、現在の蕎麦は、まがい物が多く、
体に悪いものに溢れていますが、本来は蕎麦は非常に体に良いものです。

蕎麦のメリットは以下のようなものがあります。

・成人病体質を改善
・消化性も抜群
・血管の柔軟性の保持
・基礎体力増強

さらに、強肝作用のあるコリンが多く含まれており、肝臓病にも効果があるとされ、
黒い外皮が腸の蠕動運動を促して便秘を整えるだけでなく、合わせて利尿作用もあるので体の老廃物が排出されます。

血管も柔軟性が回復するので血圧を整える効果も。

そば粉を水でドロドロに溶いたものを毎日食べていると、体内の寄生虫を駆除することができます。
また、アミノ酸の一種であるシスチンが多く含まれており美肌にもよいとされます。

うどんと比較すると、うどんは小麦粉ですので、健康面だけを言えば蕎麦の方が圧倒的に有利!

食物繊維も、蕎麦は3.9gですが、うどんは2.08gで、
他にもビタミン、ミネラルあらゆる面で蕎麦が有利!

何を食べるべきかの参考にして頂ければと思います。

さて、今週はいよいよ永伊監督の勉強会!!!!

今回もどんな内容になるのか!!!

楽しみです!!!!

今年ももう終わりますよ~
進化しましょう!!!!

では!

現在募集中の、酵素教室、勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180