【一般無料】抜け落ちていく脳の働き(健康基礎講座)


・ 普通の人がボケていく・・・

・ ○○しないことが脳を急激に衰えさせる!

・ 思い当たることがあれば要注意!

記憶力、集中力など、脳の機能の衰えも散見されます。
みなさんの周りにも

病気と診断されていないけれど、脳機能が低下している人が増えています。

それは脳の機能をあまり使っていない、または使うバランスが崩れているのが主な原因で、
自分の手足を使ってしなくなっている事が多いからでしょう。

パソコンやスマホ、車や電車などの乗り物が発達して、便利な生活になった一方で
脳を一生懸命使う機会は確実に減っていっています。

もちろん脳の衰えは、ストレスなどの要因も考えられますが、
今回は近代化による環境の変化と脳の衰えの関係について焦点を当ててお話させていただきます。

認知症まではいかなくとも、日常の中で次のようなことに心当たりは無いでしょうか。

・ 会話している時に、言葉がなかなか出てこない。
・ 思考が続かず、すぐに途切れてしまう。
・ 人の話や文章を理解して記憶することができない。

思い当たる人は脳の機能が衰え始めている可能性があります。

これは神経細胞のネットワークが失われ、ただの細胞の集まりになってしまっていると言われています。
しかもそれが頻繁に起きている場合は、ボケの前段階まで来ているかもしれません。

最初のうちは笑い話でやり過ごしても、症状が深刻になれば仕事もままならなくなります。

ところが、ボケの症状が進行していく中で、多くの人はその事を自覚していません。
自分では普通と思っていても、以前の自分ではなくなっていくのが恐しいところでもあります。

なので、なるべく早い段階で改善に取り組みましょう。

言葉を話したり聞き取ること、記憶したことを引き出す、考える、感情を抑制するなど、
私達が当たり前のように行っている事は、相手の考えや気持ちを読み取りながら、
自分の感情をコントロールするといった複雑な脳の働きが伴います。

現代は便利になった一方で、脳を働かせる機会を失っている事は否めません。

日頃マニュアル的な対応や単語程度の返答で済ませることが多い。
時間を置いて返答するメールに頼りすぎている。

このような生活をしていると、考える力が衰えてしまいます。

ボケというと、加齢が原因と思われるでしょうが、現在はライフスタイルも大きく関係しています。

今はインターネット上で膨大な情報が行き交っています。
調べたいワードを入力して検索すれば、すぐに情報を見ることができます。

情報を鵜呑みにしたり、出来上がった情報をただ聞くだけでは脳は活性しないどころか衰えていきます。

五感が捉えるものの全てが情報ですので、別々に入ってきた情報から自ら判断して行動につなげる事を
日頃から行うことは、脳機能を維持するために欠かせません。

便利になって「しなくなった」事。それは、実は当たり前にしていた事だったりします。

その事を自分で補いながら、機能を取り戻す事が重要です。

脳の若さは、自分で考えて物事を改善したり解決することや、色んな事に興味を持ったり
新鮮に感じる感性にあります。

それをいつも経験している人は何歳になっても若く、
逆にあまり経験していない人は、年齢が若くても脳は老いてしまいます。

現代人にとって、環境による脳機能の低下は大きいと思います。
たとえ若くても、脳の使い方が偏るような環境にいる人は、やはり脳が衰えてしまいます。

例えば、一日中パソコンを使うシステムエンジニア。
パソコンの画面に至近距離で長時間仕事をしていると視野が狭くなり、脳の使い方も小さくなります。
このような仕事をしている人は会話が極端に少ないことも多く、さらに脳の働きが偏ってしまいます。

また、会議など大勢の人がいる場で、会話の内容が聞き取れない人が増えています。

昔は集団で生活していましたが、今は個の時代になり、対面でコミュニケーションする機会が少なくなっています。
「記憶力が衰えた」と思っている人の中には、実は人の話を聞き取れていない場合もあるのです。

そして、雑用や家事の一切を周りの人に任せて、自分は仕事に専念するケース。
一見すると効率的かと思いきや、家事や雑用が脳の訓練になっていて、
それらを省いたことで結果的に仕事の能率が下がってしまうこともあります。

例えば私の場合、毎朝掃除や家事をしている時に、その日の体調を把握しやすいのですが
それは脳や感覚器官をまんべんなく使う動作だからです。

「以前よりアイデアが浮かばなくなった」と仕事上で感じる場合、
もしかすると加齢よりも、脳の使い方の変化に原因があるかもしれません。

文明の利器に身を任せているだけでは、自身の機能は衰えてしまいます。

例えば、ある物事を角度を変えて見てみる事も大切です。
自分のパターンを破って、相手の立場になって考えてみたり、
他に方法や可能性は無いか探してみる事は、前頭葉の働きを取り戻す効果も期待できます。

前頭葉の機能が低下すると、人の意見を聞かなくなったり、物事に冷静に対処できなくなります。

「頑固になった」「昔のやり方に個室している」「新しい情報に関心を持てない」
このような人は前頭葉の機能が衰えている可能性が高いので、要注意です。

現代人は便利な道具を使いつつ、それらとの距離のとり方に注意を払わなければなりません。
無自覚に脳機能が衰えていくのは大変怖い事ではないでしょうか。

道具に自分の機能を奪われていないか注意して、脳をバランス良く使えているか、
もし使えていないなら、その状態を受け入れて、脳機能を回復するよう努めることが重要です。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


酵素教室や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら