【一般無料】ガンが増える○○店!?(広岡ブログ)


・まんまと病気のレールに乗せられ

・恐ろしい裏事情

・50年後にガンになるかもしれない○○!?

・小さじ一杯で致死量

・今の子ども達は、かつてない汚染時代を生きる

・現代を健康に生きていくために、必要な3つのキーワード

あなたの健康を守ってくれる人は誰ですか?

税金を納めていれば、国が守ってくれると思っていたら大間違いで、
国の政策に従い、テレビや大手マスコミが発信している情報を鵜呑みにしていては、
まんまと病気のレールに乗せられ、乗り換えることはできず、いずれは大病する可能性は極めて高い!?

何故ならば、国家間のやりとりも、企業同士のやりとりも、この世界は全てはビジネス。
お金儲け中心で動いています。

戦争も、食も、医療も、あらゆる資源も、何もかもが…

なので、食品メーカーも、どんなに添加物を使おうが、どんなに農薬を巻こうが、何をしようが、
コストを削減して、大量生産が出来て、儲かればよいわけで、(特に大手)
そこには食べて健康でいて欲しい、本当の意味で健康であってほしいという思いはほとんどない。

あったとしても二の次、三の次で、 申し訳ない程度の後付けです。
(ほんの一部の良心的な企業以外は。)

農薬なども、世界でトップレベルで使用し、その農薬は安全だと国は言い張りますが
農薬まみれの食べ物を食べた人の健康状態は大丈夫なのか。数十年後に、どのような影響があるのかの
化学的根拠も保証も一切ないのです。

マウスやウサギを使って慢性毒性(ADI=一日摂取許容量)と急性毒性(ARfD)の試験をしていますが、
それは、実験動物に悪影響が出る限界値の、さらに100分の1をそれぞれの基準値にしています。

では、この100分の1という数値に科学的根拠があるのかといえば、全くないのです。

「これくらいならまあ、大丈夫であろう」という、かなり適当な決め方で決まっていますし、
ADIを決める基準には、最近の勉強会でお伝えしたとおり、恐ろしい裏事情があります。

本当に安全か危険かのエビデンスを求めるなら、人間に20年、30年投与することですが、
勿論、そんなことは出来るはずもありません。

そのような世界的に見ても緩い基準で決められたものですから、食品の安全性は失われていく一方です。

『3年後にガンになるかもしれない食品を取り扱うお店』

そのような看板を掲げたお店があったら入店したいでしょうか。

そのお店のメニューにはこのように書かれています。

「我々の提供しているお店は、味も店内の雰囲気も、全て自信がありますが、しかし以下の事だけご了承ください。」

・農薬を世界最高水準で使用し、遺伝子組み換えの食物などは特に気にせずに使用しております。
勿論農薬の危険性は伴いますし、原種の野菜などはコスト面で提供する事は出来ません。そのため発がん性、発達障害のリスクも指南されております。

・提供するお肉は全て、抗生物質や成長ホルモン剤などを使用しており、飼料にも遺伝子組み換え穀物を使っておりますので、その毒性は脂肪に強力にため込まれております。
このような家畜のお肉を食べることにより、ホルモン由来のガンなどが増えているといわれておりますが、
当店では、そこまで考慮したうえでのご提供は難しいです。

・当店が提供する、マグロは有害重金属を大量に蓄積しておりますので、一度体内に入ると数十年は毒性を発揮しつづけます。
また、サーモンなどは、輸入品で養殖のため、お肉と同様に強力なホルモン剤や抗生物質を使用しております。

また、その他の魚介も養殖、天然に関わらず、海の汚染なども考えると、
何かしら、の汚染はされておりますので、ご了承ください。

・食品添加物も発がん性が疑われているものもございますが、国が認可してるものですで、
使用致します。ご了承ください。

また、当店では小さじ一杯で致死量となる大変毒性の強い、次亜塩素酸を使用して殺菌消毒をしております。
殺菌効果は抜群ですので食中毒などは極力出さないように努めております。

しかし、それが食器や包丁などに付着して、多少料理にも付着する可能性もございます。
ご了承ください。

ほかにも沢山の危険性はございますが、長くなりますので、以上とさせて頂きます。

そのため、数年後の健康は保証はされておりませんし、当店をご利用頂くことで、免疫力は確実に下がります。

そのような注意書きが書かれていたら、入りたいでしょうか。

しかし、一部の非常に意識の高いお店以外は外食産業(特にチェーン店)は遠からず、このような現状なわけです。

美味しいものを食べる事は大切ですし、素晴らしい事ですが、正しい知識を持った上で利用しないと相当危険なのです?!

国のガン対策の指針・第三期がん対策推進基本計画
に「AYA(アヤ)世代」という言葉が初めて盛り込まれました。

これは、15~39歳の世代で、
この世代で、ガンに罹ると闘病やリハビリ生活が進学、就労、結婚などと重なることが多いため
治療や支援体制などの遅れ、この世代に発症するがんは、小児に比べて治療成績が悪いとされます。

今後は、ガンを初めとする、あらゆる病気の若年性はどんどん加速するでしょうね。

2人に1人がガンと言われている今の時代において、
誰しもが、人ごとではないガンですが、本氣で自分ごとだと感じている人は、ほとんどいないのでは!?

しかし、先ほども少し書きましたが、食品添加物、農薬、次亜塩素酸、遺伝子組み換え食品
大気汚染、電磁波被害、肉食などにより、生命力は削られていき、確実に寿命は減り、病気のリスクを強制的に上げさせられている!

そのリスクに50歳から晒されるのか、40歳から晒されるのか、30歳から、20歳から、10歳から、0歳から、
生まれる前の胎児の頃からなのか…

どれくらい早く、どれくらいの量の被害を受けるかで、いつ病気になるかが決まるわけです。

今の子ども達は、かつてない汚染時代を生きています。

この汚染時代にいて、子ども達が生涯を健康的に生きていけるかどうかは、
周りの大人が正しい知識を持って、いかに正しい行動を取ることがで出来るかで決まってしまいます。

しかし、正しい健康観を持つ大人が非常に少なく、正しい知識を継承してくれないために、
AYA世代のガン増えてきて、注目を集めてきているのでしょう。

このままいけば、病気は減ることは決してなく、若年層の病気もなくなりません。
どうか本物の健康観を持ち、正しい知識と行動で、子ども達を導いていける人材が増えていくことを願います。

現代を健康に生きていくために、必要なキーワードは

1、酵素
2、細菌学(腸内細菌)
3、そして、勉強会や酵素教室でお伝えしてる○○と○○です。

最低でもこの3つを知って、実際の日常生活に落とし込んで行かなくては
今の時代を、生涯にわたり健康でいることは、難しいでしょう。

酵素について少し書かせて頂くと、酵素がなくては、炭水化物もタンパク質も脂質もビタミンもミネラルも意味をなしません。

その大切な大切な酵素に対して、皆さんはどこまで正しい知識を持っているのでしょうか??

酵素栄養学は大変奥が深い学問ですので、酵素の話は何度も聞いている人も
あまり理解していないように思います。

なので、今週の日曜日(10日)は酵素について徹底的に学ぶことができる会を催します。

何度も書いていますが、消化、吸収、代謝、排泄、この「生命循環のサイクル」は
どれが欠けても生きていく事は出来ません。

その生命循環のサイクル全てに関わっている酵素を知る事は、生命そのものを学ぶことです。
しっかりと学んで、腑に落としていきましょう!

現代人は慢性的な酵素不足ですので、酵素を常に補給して行かなくてはいけませんが、
その本物の酵素の補給が一般的には出来ないので、そこが大問題ですね。

我々の酵素以外は…

間違った酵素を飲むことは間違った消化作用、間違った吸収、間違った代謝、間違った排泄に綱がり、
生命は危機的な状況に追い込まれますので、

どうか正しい酵素の知識を身につけて、活かしてください。

さて、その次の週は16日はマル秘酵素、17日は名古屋セミナーがあります。

16日は、この日だけのスペシャルレシピ!

今まで使用したことがない果実で色も鮮やか!
前回もかなり美味しくて、栄養満点の酵素でしたので、今回も凄いですよ~

楽しみにしていてください。

17日の名古屋セミナーでは、日本の台所、生命のライフラインである、水、種、農地が
今後の日本はどうなっていくのか。
もう後戻りは出来ない!?グローバル企業による。日本進出ならぬ、日本侵略!?

「国がひっそりと進めてきた衝撃の実態」

中国政府と日本の本当の関係など。

食の安全性が今後の日本はどうなるか。その問題点と解決策。

他にもこの日だけの、絶対聞きのがしてはいけない新情報満載でお届けしますので
楽しみにしていてください。

23日の永伊監督の勉強会の目次も更新され、
サロンの日程も変更になりましたので、チェックしてください。

では。

現在募集中の勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180