【一般無料】冬至の風習(健康基礎講座)


・ 幸運に向かい始める日

・ 「ん」のつく食べ物を食べるのは何故?

・ 日照と気温の季節による変化の差。

・ 元気に冬を過ごすために食べたい食材。

この1年を締めくくる12月。

師走とも呼ばれるように、毎年慌ただしく過ぎていく月ですね。
師匠の僧がお経を上げるために東西を走り回る「師馳せ月」が語源と言われています。

暦の上で本格的な冬の到来を知らせる大雪(12月7日)を経て、12月22日には冬至を迎えます。

冬至は二十四節気の第22番目にあたり、北半球では1年で最も昼の時間が短い日です。

冬至は「一陽来復」の日とも言われますように
悪いことが続いていても、そこから幸運に向かう日とされています。

冬至の日を境に日照時間が長くなることから、太陽が生まれ変わる日とされていました。

「冬至の日の天気が良ければ、翌年は豊作」
「冬至の日に雷が鳴れば、翌年は雨が多い」などの言い伝えもあります。

冬至の七種と呼ばれているかぼちゃ(なんきん)、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、寒天、うどん。

この日に「ん」のつく食べ物を食べるのが縁起が良いと言われているのは、
いろはにほへと・・・の最後の文字が「ん」で、また初めに戻るのが縁起が良いことに由来しています。

どれもこの季節に美味しくいただける食材ですので、冬至の日に是非食べてください。

「冬至冬中冬始(とうじ ふゆなか ふゆはじめ)」という言葉があります。

日照時間で見ると、1年の中で最も日が短く、冬という季節の半ばを過ぎて春に向かう日。

しかし、気温はそれより1ヶ月遅れて変化するので、実際の寒さのピークはこれからです。
年が明けると、いよいよ寒さが厳しさを増します。

日光が当たると大地や海が温められ、温まった大地や海が空気を温めて、はじめて気温が上がります。
このように日照と気温の変化には1ヶ月程期間が生じます。

「冬至冬中冬始」はこの両方の変化を上手に言い表していますね。

元気で冬を過ごすためには、旬の食材の栄養が欠かせません。
この寒い季節に食べたい食材を少しご紹介致します。

◇春菊

βカロチンが豊富で、抗ガン作用や免疫力活性作用があります。
体内でビタミンAに変換されるので、髪や皮膚粘膜の健康、視力維持、呼吸器を守る働きをします。
また、香り成分が自律神経に作用して、胃腸を活性化。咳や痰を抑えます。

◇れんこん

レモンに匹敵するほどビタミンCが豊富で、疲労回復、がん・老化予防などに効果があります。

また、タンパク質の一種であるレクチンが免疫細胞マクロファージが細菌を見つけやすくするよう
働くので、免疫力アップに効果があります。

ミネラルや食物繊維も多く含まれていて、動脈硬化、高血圧予防、便通改善などの効果も期待できる優れた食材です。

◇白菜

約95%が水分ですが、ビタミンCはりんごよりも多く含まれています。
カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富。

また、熱冷ましや咳止めの効果があります。
さっぱりした味で他の食材と合わせて食べやすいので、鍋物など冬の料理に欠かせない野菜です。

風邪やインフルエンザが流行る季節ですので、栄養をしっかり摂って、元気に冬を乗り切っていきましょう。

二十四節気は、太陽の動きをもとにして季節の移り変わりを目安として知ることが出来る先人の知恵です。
天候に左右される農業には大変便利なものでした。

現代に生きる私達は、毎日忙しくしていると繊細な季節の変化に気づきにくくなることもあります。
これが長く続くと、心が疲れきってしまいます。

季節の変化を肌で感じて旬の食材を味わうことで、気力が沸いて心も体も元気になっていきます。

生活の中で二十四節気に少し意識を傾けると、人生が豊かになります。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


酵素教室や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら