【一般無料】人生を向上させる「ある法則」(廣岡ブログ)


・本当の意味で影響力を持つ人材になるためには

・発達障害は○倍以上に!

・「脳力」そのものを活性化

・生きていくのに、非常に不利?

・何故、永伊は別格なのか!?

・生命体の本質

・人生を向上させる「ある法則」

アナチャン会員限定ブログでも書きましたが、10月13日(土)に、あなたの可能性を大きく広げる「いきいき講座」が行われました。

これは、以前に行われていた、健・賢・美セミナーの流れを継承するものです。

本当の意味で影響力を持つ人材になるためには「健・賢・美」の全てが必要となりますが、

この講座では、健康なら健康だけ、美なら美だけ、知なら知だけと、興味のある一つだけでも聞いていられると言う気軽に学べる講座が特徴です。

以前のように固くはありません(笑)

しかし「健・賢・美」の全てが大事だと言える講師は、何度もこのブログでも書いている通り、永伊監督以外はいませんがね。

さらに、健の知識も、美の知識も、賢の知識も、それぞれが、他にはない特化したものばかり。
それは○○を中心に考えるという真理を永伊監督が見据えているからです。

一般的には健康に関する情報だけみても本物と言えるものは極めて少ないですし、美や賢などは尚更でしょう。
(だからガンなど、病気は増える一方)

その健・賢・美が大事とはどういうことかを、わかりやすく知れるのが、このいきいき講座なのではないかと思います。

三人の講師による三者三様の話が聞ける、内容としても、○○的にも非常にお得な「来なければ大損」の講座でした。

いきなりですが

・仕事などでケアレスミスをする
・忘れもの、なくしものが多い
・約束や期日を守れない、間に合わない
・時間管理が苦手
・仕事や作業を順序立てて行うことが苦手
・片付けるのが苦手

このような症状に自覚がある方はいますでしょうか。

まぁ勿論ミスは誰でもありますし、誰にでもあてはまる部分はあるとは思いますが、
上記のような行いが極めて目立つ人がいます。

これはいわゆるADHD(注意欠陥/多動性障害)の症状の一部ではあるのですが、
自閉スペクトラム症などを含む、いわゆる「発達障害」が年々増えてきているとされます。

発達障害の定義や診断はバラつきがありますので注意が必要ですが、
全国の公立小中学校で、発達障害により「通級指導」を受けている児童・生徒が初めて9万人を越えて
この20年あまりの間で7倍以上にもなっているとされます。

子どものうちは、周りがフォローしてくれるから発達障害だと気づかれないことも多いのですが、
大人になり社会にでると、個々の責任や役割が増えてきますので、そうなった時に初めて自分が発達障害だと気づくことになる人も多いです。

この日、僕からは、発達障害とその原因、改善方法について話しました。

若い頃は、天然ボケ、不思議キャラ、ドジ、おっちょこちょいなどで済まされますが、
歳を重ねるにつれ、症状が悪化してくると、何をやっても、どこにいっても上手くいかなくなる可能性が出てきます。

さらに発達障害の人は認知症や○○などのリスクも増えるとされますので、
早い段階で改善したほうが良いです。

発達障害はクスリによる治療では治ることはありません。

一時的に安定したりすることはあるかも知れませんが、
他の病気と同じように、その場しのぎの対処療法では根本を正すことは出来ないのです。

では、どうやって治していくのか?

まずは、何故そうなったのかの原因を丁寧に紐解いて行くことが大切です。
不治の病のように言われることもありますが、僕はそうは思いません。

周りにいる人達が、上手く接してあげなくてはいけないようにも言われますが、
それよりも本人が良い方向に変わらなくてはいけないのではないでしょうか。

この日僕が話した内容は「脳力」そのものを活性化していきますので、発達障害に限らず、万人にオススメの論法です。

発達障害はまさしく現代病と言われるものですが、○人に一人が何らかの発達障害と言われますので
実はかなり危険な状況だと思っています。

著しく判断能力のない大人が増えているのですから。

周りの人で、思い当たる人は何人もいますが、、、
心当たりがある人は、しっかりと対策して行きましょう。

26日の夜間勉強会では、さらに、詳しくこの問題にも触れていきたいと思います。

目次も追加したので、見てみてください。

10月26日(金)東京夜間 勉強会の詳細はこちら
http://nagaipro.com/an/?p=71092

次は小田さんが登場

最近、小田さんは女性限定勉強会でしか話すことはなくなりましたので、
男性が美について学ぶ機会があるのは、貴重ですよね。

自分のことは意外と自分が一番分かっていないものだったりしますが、
自分に似合うヘアスタイルやファッションも自分では分かっていない人も多いです。

小田さんからは、ヘアスタイルやファッションも含めた、
自分をどう演出して、良く見られるためのアイテム選びはどのようにするのか。

このあとの永伊監督の話にも繋がる、自分を表現するために極めて大切な話がされました。

ファッションには一切興味がないという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、
人間の印象の9割は見た目で決まるので、異性を口説くのも、仕事の交渉事にしても、
普段のコミュニケーションにしても、全てにおいて美に無頓着だと不利に働きますので、
一言でいうと、「生きていくのに非常に不利」になります。

なので、ファッションや髪型なども含めた、容姿は本当に大切になってくるのです。
少なくとも、誰かに何か少しでも良い影響を与えたいと願うならば、見た目の向上は必要不可欠です。

我々の提唱する「美」とは、ファッションのファッションではなく
先ほども書いた通り、影響力を持つために、己をトータルプロデュースするために必要な、
「人間としての美しさ」を包括したものですから、男女年齢関係なく、万人に必要なものなのです。

そこからさらに、女性向けの内容に特化したものが、女性限定勉強会なので、
女性限定ならではの美しく見せるための秘訣がたっぷりと語られます。

興味があるかたは、今月は20日に東京、28日に名古屋でも行いますから、
行かなければ損ですね。

女性限定情報はこちら
http://nagaipro.com/an/?p=70164

最後は永伊監督

この日も本当に素晴らしかった…

●永伊監督は何を意識して、表現をしているのか。

永伊監督が外部の人とコラボ講演をしたりすると、どこに行ってもその評価は別格です。

それは、このような健・賢・美を意識しているからというのもありますが、
それだけではありません。

以前、永伊監督が講演を積極的にやられていた頃は、なんと!年間150回以上も行っていました。
移動を合わせると、一年が365日では足りない年もあるほど、多忙であったわけですが、

それだけ永伊監督の講演は人の心を掴み、多くの人に求められたのです。

その理由は何故か!??

一般的な講師と、永伊監督の違うところ。それはどこなのか。。。

その秘密が明かされたのでした。

他の講師の人は○○で話しているが、永伊監督は○○で話しているので、
沢山の人の心を掴むことができたのだといいます。

これは講師でなくても、対人関係においても言えることなので、
もしも、身につける事が出来たら人生は変わるでしょう。

どのような職業であろうと、働いていなかろうと、生きていくということは
自分を表現することが大切になります。

その表現力を向上させるために大切なことが語られたのです。

「表現する」ということを、ここまで、具体的に咀嚼して話すことが出来るのは
常に「自分を表現する」ということを拘り抜いてきた、抜群の自己プロデュース能力を持つ永伊監督ならではです。

●生命体の本質

生命体は、文字通り、体がないと成り立ちませんので、体(健康)は大切にしなくてはいけないのは言うまでもありません。
しかし、実は○○と○○が何よりも大切で、そこに氣づくか氣づかないか。

ここに氣が付く事が出来れば、世の中が抱えている大きな矛盾に氣づくことができるので、
人生は良い方向へ大きく変わるでしょう。

●人間としての最大の落ち度?

「人として」という言葉はよく聞くことではありますが、
では人間の「根幹部分」とはどこなのか。現代人が陥っている最大の欠点とは何か

それが分からないので、多くの人は情熱を持って生きていくことが出来ず、人としてもっとも大切な「直感的な力」も無くなります。
そのような人は新しい物を創造することもできません。

そして、人の上に立つために必要な二つの要素、それをつなぎ合わせる事の大切さ。

そのことが、本当の意味で腑に落ちたならば、一流と言われる人になると永伊監督は言います。

そして、仕事も組織も自分の人格も「ある法則」に当てはめて考えると
非常にわかりやすくなり、様々な事を向上させる為に役立ちます。

●一般的に必要な知識

人に影響力を持つために、生涯をいきいきと過ごすために、
必要な知識は沢山ありますが、その中で永伊監督は4つの知識が重要だと言います。

この4つが持てたならば、影響力のある人材になれると思います。

そうなるべく精進ですね。

そして、永伊監督ならではの「欠点の克服方法」なども語られました。

長所を伸ばして欠点には目を伏せていくような教えが多いですが、
欠点の克服について真面目に向き合う教えは世の中にはありそうでありません。

というよりも永伊監督以外で、このような角度からの人間向上学は聞いたことがありません。

何故ならば、それは教える方も、教えられる方も、相当「しんどい」からです。
(特に教える方が、非常に多くのエネルギーを要する。)

なので表層的な部分にばかり目を向けるような教育が、もてはやされているのでしょう。

しかし、それで人生が上手くいくのであれば、もっと社会は向上しているはずですが、
現実として、病人も増え、僕が、初めに書いたような発達障害も増えています。

発達障害は、脳内の神経回路の問題もありますが、
実は欠点など「厳しい面に目も向けることなく育った大人の甘え」のように感じる事もあります。

これでは、この国は良くなりません。

今回語られたような、永伊監督が提唱する「本当の意味で向上できる教え」を体得するべく、励んでいきます。

やはり永伊監督の話は「その場限りの貴重なもの」だと、改めて感じました。

これからも頑張りましょう。

21日の名古屋、24日の大阪、27日の東京と永伊監督の勉強会が続きます。
どの日程もここでしかない貴重な内容ばかりですので、お楽しみに!

間もなく締め切りです。

現在募集中の勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?p=70162

では