【一般無料】良縁を引きつけるコツ(廣岡ブログ)


・「神無月」と「神在月」

・良縁を引きつけるために、1番大事な事は?

・白熱!テイスティンググランプリ

・父さん

・新たなリンゴの効能

・世の中の栄養学では

・三位一体の情報

・故郷の九州で良い仕事。

10月は旧暦で「神無月」と呼ばれますが、あるところでは「神在月」と呼ばれます。

それは、10月は全国の八百万の神様が、
一部の留守神様を残して「出雲大社へ会議に出かけてしまう」と考えられているためで、
神様が出かけてしまう国では神様がいないので「神無月」

出雲の国(島根県)では神様が沢山いらっしゃるので「神在月」といわれるのです。
人の運命や、縁などについて話し合うと言われていますので、出雲大社は縁結びの総本山ですね。

個人的にも一度は行ってみたい場所です。

ただ、良縁を引きつけるために、1番大事な事は神社に行くことではありません。
一番大切な事は「日々の行いを正すこと」です。

では、日々の行いを正すという事は、どういう事でしょうか?

それは実は、自宅で酵素を一生懸命作ることなのです。

その本当の意味については分からない人がほとんどだとは思いますが、実はかなり深い理由があります。

何度もお伝えしているとおり、酵素作りは神事なので、
神饌(しんせん)を作るような氣持ちで行う必要があります。

もちろん、酵素は気楽に作って頂いて構わないのですが、ただ作るのではなく、
本当の意味で美味しい酵素を作るためには、家を掃除して外的環境を整え、食を気をつけて内的環境を整える。

それは、もっといえばトータルで己を取り巻く微生物を整えていく必要があります。

そうなれば、良縁が生まれやすくなります。何故ならば縁とは微生物が作り出し、
人の運や波動も微生物が作りだしてくれるからです。

つまり酵素作りとは、永伊監督が提唱する食、想い、行いの三つが整っていることが大切になるのです。

全国的に見ても、この三つの三位一体が整っている人が、美味しい酵素を作っています。

その美味しい酵素を作る人のチャンピオンを決める大会である、
テイスティンググランプリが9月29日に行われました。

作ってこない人でも無料で気軽に参加できる上に、
皆さんの酵素の違いや、その作り方なども知れる絶好のチャンスでした!

いやー盛り上がりましたね。

作る酵素は、こちらで決めた指定の酵素を作るのですが、
同じ酵素を作っているのに、参加者全員の味が全く違う!

これは参加した皆様全員が体感されたことで、勉強になったという意見が多かったです。

簡単にテイスティンググランプリのルールを説明すると、
参加者には自分で作った酵素を持ってきて頂き、受付の時に一度こちらで預かります。

それを参加者に分からないように、こちら側で用意した容器に移し変えて、
誰が持ってきた酵素なのかを分からなくします。

なので、参加者は、どれが自分の酵素なのかも分かりません。

それから参加者全員と、審査員(僕と永伊監督)で一つ一つの酵素の味見をして
10点満点で点数をつけていき、その合計点でグランプリを決めるというもの。

そして、グランプリと準グランプリを決めるのですが、、、

なんといっても賞品が凄かった!!!!!

多分皆さんが思っているより「何倍も凄い賞品」だと思います。

オーシャン0がまさかの○○サイズで!!

酵素作りに欠かせないアレとアレがこんなにも!!!

これだけでも、相当凄いのですが、
さらにグランプリには、なんと突然!永伊監督自ら「賞○」が用意されました…

今回の賞品に関して、テイスティンググランプリの前日に永伊監督と最終の打ち合わせをしたのですが、
そのときには、これほど豪華賞品になるとは聞いていなかったのですけど(笑)

当日の朝、永伊監督から連絡があり「○○と封筒と○○を用意しておいてくれ」と。。。

「ん?封筒?まさかな。。。」と思ったのですが、その「まさか」が現実に!

とにかく、前日の打ち合わせは一体何だったのか???と思えるほどの(笑)
まさかの豪華賞品に僕も驚きましたが、参加者は大盛り上がり!

合計=○○○,000⁉なんと6桁‼

これならば、僕も参加したかったですから。

いや~普段真面目に酵素を作っていて、こんな凄いイベントに参加しないのは本当にもったいないですね。

真面目に酵素を作っている人や、通っている人は必ず参加するべき大会だったと思います。

ダメで元々ですから(笑)

人間いくつになってもチャレンジする精神が大切なのです。

他人の酵素をじっくり飲む事もないですし、それだけでも非常に勉強になります。
美味しい酵素を作る拘りなど、皆さんそれぞれ、独自に持っていたりしますから、そのような事もシェアすると
さらに勉強になりますから。

そして、気になる、準グランプリとグランプリは!!!!

準グランプリはまさかの!!!!

うちの親父!!!(笑)

今回実は僕の父も参加しておりまして、まさか勝つとは思っていませんでしたが、
実際酵素は美味しかったですね。

以前にもブログで書きましたが、うちの父は家族の分も合わせて、毎週8キロ前後の酵素を作っています。

酵素作りや我々の健康学を真面目に実践しているので、70歳になりますが、健康そのもので、
職場まで、あえて50分歩き、尚且つ、仕事は農作業なのでハードですが、他の若い者がバテているのに、自分は一切バテず、
帰りも50分歩いて帰り、その後、自分の畑の管理をしているので、凄い体力です。

今回は、毎週毎週、真面目に酵素を家族のために作り続けたことが、運を引き寄せたのかもしれないですね。

そして、グランプリは!!!!

ナイショです(笑)

しかし、改めて、酵素作りは普段より、永伊監督の教えを真面目に実践してる人が、
美味しい酵素を作るなと感じて、嬉しく思いました。

参加された皆さんは改めて、より美味しい酵素を作ろうと意識も上がりましたし、これからどんどん伸びていくと思いますよ。

第二回も日程は決まってはいませんが、お楽しみに!

さて、10月も凄いイベントが続きます。

まず、10月の季節酵素は新リンゴ酵素に決定!

去年とは違う新しいレシピで作り、新たなリンゴの効能なども語られる、
さらに進化した内容になります。

身近なリンゴですが、
実は誰も知らない新たなリンゴに隠された秘密が、この日話されます!?

リンゴは風邪を引いたときにすりおろして食べたり、ファスティングでも使ったり
栄養価が高いことで知られています。

そのリンゴを独自の技術で発酵させて、栄養価を最大限に高めて、さらに吸収率を上げていく。

実はこの「吸収率が高いこと」が大変重要なことなのです。

世の中の栄養学ではスーパーフードにしろ何にしろ、
その食材に含まれる栄養価に注目が集まりますが、それよりも大切なのは吸収率。

どんなに、食材の栄養が高くても吸収出来なければ全く意味がありませんから。

そのような話もまたいつかしていきますね。

そして、10月7日には「美味しい酵素が飲める会」が行われますが
これは我々がプロデュースした、抜群に美味しい酵素を飲める他、改めて、濃縮酵素の作り方。

ファイバー酵素についてなど、酵素について改めて学び、酵素作りの基礎から、応用まで、分かる会です。

江戸時代より継承されている種菌で作る豆乳ヨーグルトも振る舞われます。

この日もお得なフリーイベントですから、お気軽にお越しくださいね。

美味しい酵素の作り方のコツや、その他にも沢山のことが学べますので大変お得なイベントですよ。

そして翌週10月13日(土) には、あなたの新たな可能性を広げる「いきいき講座」が行われます。

これは、健全に生きるための鍵を握る三位一体の情報として、三者三様の話をしていきます。

このタイトルは永伊監督が考えたものですが、素晴らしいですよね。

毎日をいきいきと過ごしてる人…少ないですよね。
日本の8割くらいは、いきいきとは過ごしていないのではないですかね。

そのために必要な物は、健康はもちろんですが、マナー、知識も非常に重要になってきます。

いきいきと過ごすために健康が大事だと言う人は巨万といますが、
この三つが大切であるというのは、永伊監督の常日頃からの考え方ですが、
他の講師陣や知識人からは、出てこないフレーズです。

一つ言うのが関の山ですね。

三人の講師が同時に話すイベントは最近では珍しく貴重な会なので、是非お越しください。

とってもお得なイベントですので。

最後に、11月の日程が発表されました。
11月18日には、福岡では初になる僕の単独勉強会が行われます。

これは、最近東京などで、永伊監督が伝えている内容を福岡でもお伝えするべく、
永伊監督は来ませんが、僕がしっかりとお伝えします。

酵素教室の後半で少し、話すことはありましたが、全ての時間が勉強会になりますので、
かなり良い内容にしますよ。楽しみにしていください。

故郷の九州で良い仕事をします。

10月もイベントが続きますので、しっかりと気合いを入れ直して頑張りたいと思います。

現在募集中の、酵素教室、勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180

では