【一般無料】コレステロールの働き(健康基礎講座)


・ コレステロールの重要な役割

・ 血管の老化すると・・・

・ コレステロールもバランスが命。

・ 食事にも気を配りましょう。

現代の食事は、どうしても脂質や糖質が過剰に摂りがちです。

血液中のコレステロールが増えて中年太りになる、とか・・・。

あまり良いイメージが無いコレステロールですが、
実はコレステロールは体が機能するために欠かせない役目を果たしています。

今回はコレステロールについてお話させていただきます。
皆様の健康な体つくりに少しでもお役に立てれば、と思います。

コレステロールは、脂肪の一種で本来は私達にとって欠かせないもの。

血液中だけでなく細胞膜にも含まれていて、流動性を調節する働きをしています。

また、脳や細胞に多く、体全体のコレステロールのうち4分の1が脳に、
神経細胞全体に3分の1が集中しており、脳の情報を体全体に伝達するのを助けているのです。

そのほか、コレステロールは様々なホルモンの原料になり、
脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸を作るのにも欠かせません。
ビタミン類を代謝するなど重要な働きに関わっているコレステロール。

善玉コレステロール(HDL)は、余分なコレステロールを剥がして肝臓に戻す働きをしていて、
悪玉コレステロール(LDL)は、肝臓から各細胞にコレステロールを運びます。

LDLコレステロールが過剰になりがちで様々な病気の原因となるため
悪玉、善玉と言われていますが、体にはどちらも必要なものです。

LDLコレステロールが増えすぎると、HDLコレステロールの働きが追いつかず、
血管に老廃物がたまり、動脈硬化を引き起こします。

動脈硬化とは血管が老化した状態で、血管が傷ついて固くなり、血栓ができて血液の巡りが悪くなります。

それが心筋梗塞や脳梗塞、狭心症、脳出血などを引き起こしてしまいます。

ちなみにLDLコレステロール値が低すぎるとがんや肺炎、脳卒中の要因となります。
バランスが大切なのですが、現代はどうしても過剰になりやすいため
それを抑える対策をする必要があるのです。

このような脂質異常症の原因の約8割は食事にあると言われています。

コレステロールを溜め過ぎないよう食事に気をつけましょう。

乳製品や砂糖、白米を食べ過ぎると悪玉コレステロールを溜めますので、常食は避けたいもの。
なお、肉食は倫理観の観点から見ても食べるべきものではなく、もってのほかです。

そして、玄米、青魚や野菜、海藻類、きのこ、豆類、発酵食品は毎日の食卓に是非並べてください。
これらには不飽和脂肪酸が多く含まれ、体内のHDLコレステロール値を抑えます。

今回は、コレステロールについてでしたが、私達の身の回りには健康を脅かすもので溢れています。

例えば、コレステロールなど何か1つでもある観点から食事に気を配る。
そこから健康の道が開けていきますので、そのきっかけになれればと思います。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


酵素教室や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら