【一般無料】体の中心である「丹田」(健康基礎講座)


・ 丹田とは

・ 日本文化に根ざす丹田

・ 全身とのつながり

・ 精神にも影響を及ぼす

以前の記事で、丹田は体の中心であり、本来の呼吸は丹田で行うものとお伝えしました。

今回は丹田についてさらに詳しくお話させていただきます。

丹田とは、おへその下の内部にある全身の気が集まるとされる場所で、臍下丹田とも呼ばれます。

古代中国の医学では、丹は不老不死の薬、田はこれを産する土地を意味し、
ここに力を入れれば健康と勇気を得るとされています。

日本では、昔より丹田を意識した文化が根付いていました。
だから現代人からは想像もできないような強靭な肉体と精神を持っていたとも言えるのです。

武道や禅においても、丹田を中心において呼吸をしたり体を動かしていました。

また、日本語には「腹」のつく言葉も多いですね。

腹づもり、一腹一生、腹を決める、腹に落ちる、腹ができている ・・・・

昔の人は腹で人格を表し、実際に腹で人格を判断されていたとまで言われています。

昔の日本では、衣服にも丹田中心の文化がありました。
和服の帯を締めることで自然と丹田を意識して、それを中心とした体の動かし方を習得していました。

その一方洋服は、ネクタイを締めて上半身に意識をおいた欧米型のスタイルです。

不安だったり、焦ったり、イライラしているとき、必ず呼吸が浅くなっています。
逆に言えば呼吸を深くすることで、不安などを解消することができるのです。

人格の高い人は丹田から深い呼吸をしています。
深く安定した呼吸をしている人は、人から信頼を集めます。息の長さや深さで人格も見られているのです。

つまり、丹田からアプローチをして体力と精神を向上させることができるのです。

丹田を鍛えると、横隔膜も鍛えられてよく動くようになります。
横隔膜はお腹の内臓を上から覆っている筋肉のことで、横隔膜の動きが活性すると、
内臓への圧縮と緩和を繰り返し、マッサージをしているような状態になります。

内臓が圧縮されると内臓の血液が押し出され、緩和すると血液を吸収します。
つまりポンプのような働きによって全身の血行を促すことになるのです。

また、横隔膜が活性することで、胸部と腹部の内臓を強くする効果がもたらされます。

そして、内臓の強化は自律神経の強化につながります。
なぜなら、内臓には自律神経が張り巡らされていて、内臓の活動をコントロールしているからなのです。

それによって自律神経もホルモンバランスも整う。まさに一石二鳥ですね。

自律神経やホルモンは心理面にも影響しやすく、これらのバランスを崩すと
妄想や雑念に取りつかれやすくなるとも言われています。

丹田を鍛えれば自律神経が整って、ストレスにも強くなります。

横隔膜の動きが活発になれば、その近くにある自律神経の集合体である太陽神経叢を刺激するので、
内臓を取り囲む自律神経と合わせて活性する相乗効果を生み出します。

丹田がストレスを吸収して、ストレスに侵されるのを防ぐ。横隔膜が鍛えられてコントロールできるようになると、
物音などに驚いても横隔膜が上がって心臓を刺激しないので、落ち着いて対応できるのです。

幸せを感じるセロトニンというホルモンは、その95%が腸で作られています。
セロトニンの分泌が活発になると、不安や抗うつ感が改善され、ポジティブになります。

丹田を活発に動かすと、幸せまでもたらされるなんて素晴らしいですね。

「よし、がんばろう!」と上半身だけで思うのと腹で思うのでは全く違います。
上半身だけでいくら思ったとしても、地に足がついていないような感じで、困難を乗り越えることはなかなか難しいでしょう。

例えば「胸騒ぎがする」ときはそわそわして、落ち着きがありません。
このようなとき、決まって呼吸は浅く不安定になっているはずです。

大正時代に活躍した岡田虎二郎は、岡田式呼吸静坐法を編み出し、「全てのことを腹でせよ」という言葉を残しています。

「頭を主にした人が一番下。胸を主にした人(努力の人)は中。下腹を中心とした人が上の人。
体の垂直線が決まれば、心の垂直線も決まって、泰然たる不敵の胆力もこれから生まれる。」

丹田が体の中心であり、そこから生まれるパワーは計り知れないと述べられています。

精神も体も向上させるには、日頃から丹田を意識した呼吸をすることが大切です。
これを続ければ、気構えや普段から意識する対象まで変わってくることでしょう。

丹田がもたらす効果はまだまだ他にもありますので、またの機会にご紹介致します。

山本 和佳