【一般無料】健康体になるために大切な7つの事(廣岡ブログ)


・ほうれい線が?肌のたるみが?弾力が?シワが?

・この日だけの新情報が満載。

・来た人だけが○○をする特別な三日間。

・添加物と相乗効果で危険性が増す?

・○○を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高い…

先週末から連続で酵素教室や勉強会とイベントが続き、
非常に充実した時間を過ごさせていただきました。

健・賢・美セミナーの事は先週のブログでも触れていますが
やはり同じ内容を話すのでも、前回の東京よりも、4月22日大阪健・賢・美セミナーの話は進化していました。

なんと!永伊監督の話は前回の東京より長く、新情報も語られました。。。

各地でお伝えしている美容に関する新情報も大好評で、
ほうれい線が?肌のたるみが?弾力が?シワが?

とにかく最近の永伊監督の情報は凄いことになっています。

永伊監督の進化スピードは、とんでも無いですから、
1ヶ月参加しないと、相当人生損します。

基本的に永伊監督は同じ話を二回する事はありません。

今回の健・賢・美セミナーも先ほど書いた通り、
同じ内容で告知をしていても中身は異なる事もありますから(もちろん良い意味で)

一回一回、毎回が真剣勝負なのです。

明日からゴールデンウィークですが、凄いイベントが目白押しです。

しかも4月28日(土)、4月29日(日)、5月3日(木)と全て違う新情報プラス、○○な事が。。。

来た人だけが○○をする特別な三日間になりますから、三回とも来なければ損をしますね。。。

ゴールデンウィークも目が離せませんよ。

現在募集中の、酵素教室、勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180

最近酵素教室などで、健康に関して基本的な事を聞かれることが多くなったので書いてみますね。

大切なことは他にも沢山ありますが、まずは7項目をダイジェストで書いてみようと思います。

基本的な事ではありますが、以外と出来ない人が多いかもしれません?

①肉食をやめる。

肉食の弊害は沢山ありますが、健康面での肉食の弊害を、少しだけ書いてみます。

お肉は日本人の酵素では分解、吸収することができず、
腸内腐敗を引き起こし尿酸、硫酸、硝酸、塩酸などの有害な強酸類を作り、血液がアシドーシス(酸毒症)となります。

その酸毒類を中和するために、体内のアルカリ性物質(ミネラル)は、どんどん消費されます。

国立がん研究センターの調べでは、
「肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことが、約8万人を対象にした約10年におよぶ追跡調査でわかった。」と発表しています。

さらに、家畜用穀物は、人間用に比べ、高濃度の農薬残留が許可されており、
アメリカで消費される農薬の約80%は、とうもろこし、大豆、綿花、小麦。といった家畜のエサに使われます。

どうぶつは、農薬など他の毒性物質にまみれたエサを摂取するたびに、「最大レベルの発ガン物質」をたっぷり濃縮して脂肪に蓄えています。

さらに、油も良くないので、腸内腐敗を加速させます。

健康面だけでも肉食は危険なものですが、
肉食の怖さは、それよりももっと違うとこにあるのですがここでは割愛します…

②白砂糖を控える

白い麻薬と言われる白砂糖。

恐ろしいのは常用性です。やめることが非常に難しい。
正確には、白砂糖単体の危険性よりも、白砂糖を使っている一般的なお菓子が、トランス脂肪酸などの劣悪な油や、添加物と相乗効果で危険性が増しています。

最近元氣が出ない。やる氣が起きない。

急に落ち込んだり、少しの事で興奮して怒ったり…。
一見、白砂糖とは何も関係がないように感じる心の乱れですが、
実は白砂糖をとりすぎると太るだけでなく、そういった感情の変化が激しくなり、内臓も弱らせます。

白砂糖に限らず糖質全般に言える糖害もありますが、
物事には段階がありますので、まずは「白砂糖を控える」事が大事です。

③玄米を中心とした食生活を心掛ける。

玄米はビタミン、ミネラルバランスに優れ、排毒能力に優れているため、
環境汚染が酷い現代を生きる我々は、体内に毒をため込んでいますので、現代人にはもっとも必要な食べ物ではないかと思っています。

ただし、玄米は無農薬が基本で、水に数日つけて芽がでない玄米は、すでに活性力を失っているので注意が必要です。

④発酵食を取り入れる。

発酵菌類には乳酸菌,酵母,納豆菌,酢酸菌,麹菌等々沢山の種類がありますが、
日本はこの発酵技術を非常にうまく取り入れている民族で、種類も豊富です。
ヌカ漬,味噌,醤油,酢,梅干,納豆など非常に沢山の発酵食品がありますので上手く取り入れていきましょう。

発酵食品は、腸内環境を整え免疫力を高め、酵素も体に取り入れることが出来るので
病氣に強い身体を作るには欠かせません。

免疫力の70%は腸内で作り出すと言われますから、腸内環境を良くすることは
健康長寿に繋がります。

⑤酵素をうまく取り入れる。

ブログで、何回も書いていますが、酵素は人間の寿命を左右する非常に大事な栄養素です。

正しい酵素栄養学を腑に落とすかどうかで、健康に関する意識も知識も行動もかなり変わってきます。

酵素無くして生命活動を円滑に行うことはできません。
話す・聞く・本を読む・食べる・食べたものを消化する。
これらのことも何一つ酵素が無くては出来ないのです。

酵素は48度以上で崩壊していきますから(酵素の種類や環境にもよる)、生の食べ物を食べる事がいかに大事かと言うこと。

そして、加齢とともに失われるので、うまく取り入れながら生活をしなければいけないのです。

我々のプレミアム酵素は、日本古来の発酵技術を再現させた
日本人とって親性が高いため、非常に体になじみます。

⑥添加物や化学物質を避ける

世の中には様々な健康法があります。動物性食品を推奨したり、玄米菜食、ローフード、マクロビオティックなど、
それぞれが反対の意見を述べている健康法でも、その全てに共通しているのが「人間が人工的に作りだした食品」などは体には有害であるということです。

日本人の病氣のほとんどの原因が、化学物質、重金属由来そして●●や○○ですので
我々は「人間が生み出した化学の力で病氣になっている」と言えます。

しかし、いくら氣をつけたところで、全ては避けることが出来ませんから、
さらに一歩進んだ対策が必要になります。

先ほど、酵素の項目で「生の食べ物を食べることが大切」だと書きましたが、
野菜や特に果実は大量に農薬を使っているので、正しい対策をしないと逆に体にとってマイナスになる可能性があります。

⑦少食であること

どんなに体に良いものでも、食べ過ぎてしまっては大切な体内酵素を大量に消費しますし、体には毒になってしまいます。
ですので腹八分を意識して一日二食を目標にしていくと良いと思います。

少食にすることで、体内酵素を有効的に使うことができ、代謝活動を活発にして、
長寿遺伝子をオンにして解毒力も高めてくれます。

以上のような7項目を意識して真面目に実践していただければ、変わってくると思いますよ。

他にも、健康になるために大切なことは沢山ありますが代表的な事を書いてみました。

「出来ていないなぁ」と思う人は一つでも良いので是非取り入れてみてください。

では。