【一般無料】節句に込められた願い(健康基礎講座)


・ 季節の変わり目に○○する「節句」

・ それぞれの節句の意味と由来は?

・ 節句に奇数の日が選ばれた意味。

・ 知恵や願いを伝承した先人と、それを受け継ぐ現代人。

桜の季節があっという間に過ぎて新緑が芽吹き、もうすぐGWですね。
この期間内の5月5日(こどもの日)は、端午の節句。
日本において古くからあった五節句の一つです。

「五節句」を聴き慣れない人も「七草」「ひな祭り」「端午の節句」「七夕」「重陽の節句」と聞けば、
小さい頃から親しんできた行事だと分かります。

節句の「節」は、季節の変わり目という意味。
五節句は、1月を除いて月と日が同じ奇数が重なっています。

奇数は古くから縁起の良い数字とされています。
奇数の重なる日はめでたい反面、陰に転じやすいと言われたことから、旬の植物から生命力をもらい、
邪気を祓うという目的から始まりました。

◇端午の節句(5月5日)

5月5日は菖蒲の節句とも言われます。

菖蒲には強い解毒作用があるため、健康を保ち邪気を祓う薬草として重宝されてきました。

また、「勝負」や「尚武(武道を重んじる)」に通じることから、男の子が丈夫に育つようにという
意味が込められ、端午の節句に欠かせないものとなりました。

この日には鯉のぼりが立てられますが、江戸時代から始まった風習です。
男の子が生まれた印としてのぼりを立てた武家を真似て、町人が和紙で作った鯉ののぼりを揚げたのが始まりです。

もともと鯉は清流だけではなく池や沼でも生きられる生命力の強い魚。
そのため、環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長し、立身出世することを願って飾られるようになりました。

鯉は立身出世のシンボルで、鯉が滝を昇って龍になった「登龍門」伝説に由来しています。

時節柄、まずは端午の節句についてご紹介しましたが、その他の節句にも先人の知恵と願いが込められています。

◇七草の節句(1月7日)

春の七草の入った七草粥を作って、七草の「気」をいただきながら、その年の無病息災を願って食べます。
お正月にごちそうを食べて疲れた胃を休め、冬に不足しがちなビタミンCを補う為とも言われています。

同じ奇数の日が重なる五節句の中でも、1月だけは1日(元旦)は別格とされ、7日に節句が行われます。

七草は「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」
語呂が良いので、口ずさみながら自然と覚えられます。

◇桃の節供(3月3日)

今では女の子の健やかな成長を願う行事となていますが、もともとは男女の区別なく、
春の訪れを祝い、無病息災を願う厄払いの行事でした。

端午の節句に対して女の子の節句「桃の節句」とされたのは、桃の開花時期が重なることと
桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたためです。

◇七夕(7月7日)

笹に短冊を吊るすようになったのは、寺子屋に行く子が増えた江戸時代からです。
里芋の葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、文字を書いて、手習い事の上達を願う風習がありました。

里芋の葉は、神様から授かった天の水を受ける傘の役目をしていたと考えられているため、
その水で墨をすると文字が上達すると言われていました。
そのため、短冊に書く願い事は物質的な事ではなく、上達や夢の方が良いとされています。

◇重陽の節句(9月9日)

陰陽思想では奇数は陽の数で、陽の極の数である9が重なる日のため「重陽」と呼ばれ、
大変めでたい日とされてています。
また、旧暦では菊が咲く季節のため、菊の節句という別称も。

今では、他の五節句と比べると馴染みが少ないですが、
邪気を祓い長寿を願って、菊の花を飾り酒を酌み交わしていました。
また、節句の前夜には菊の露を綿に含ませ、体をふく習慣もありました。

古来より日本人は、無病息災、我が子や子孫の繁栄を祈りながら年中行事を行ってきました。
また、そこには必ず自然に対する畏敬の念があります。

今のように娯楽の無い時代でしたから、当時の人々にとって節句は楽しみの1つでもあったのでしょう。

一方、現代人にとっては、自然とのつながりを思い出す手がかりとなるかもしれませんね。
季節の節目に植物の生命力の力をいただき、移り変わる自然に意識を向けながら、
調和させていきましょう。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら