【一般無料】世界で一番美味しい酵素(廣岡ブログ)


・イチゴ&パイン酵素は大好評!

・従来の酵素の常識を覆すもの。

・我々の酵素を知れている人は、本当にラッキー。

・酵素の真髄とは。

・4月のどこかで、、、さらに凄い情報が飛び出すかもしれません…

4月から始まった季節酵素のイチゴ&パイン酵素は大好評!

僕もかなりお氣に入りで、毎日グビグビ飲んでいます。

イチゴの旬は4~5月ですが、市場には年中出回っているので、これは年間を通して作れる酵素になりますから
覚えないと本当に損ですよ。真面目に…

しかし、イチゴの農薬は凄いですから、そこをクリアしないと、、、

我々の酵素は、栄養もさることながら、「美味しさ」これが、ずば抜けています。(上手く作れる人は)
市販の酵素や手作りの酵素教室であっても、ここまでの美味しさが出せる酵素に僕は出会ったことはありません。

何度もお伝えしていますが、我々の酵素は、味、栄養、発酵スピード、全てにおいて従来の酵素の常識を覆すものです。

例えば発酵スピードなどは、通常の手作り酵素教室では、恐らく発酵(完成)までに早くても1~2週間。
場合によっては一ヵ月以上の時間が必要な所も少なくないのではないでしょうか?

我々の酵素は○○という極めて短い期間で出来あがりますが、これは酵素学の常識でいえば有り得ないことです。

酵素教室の常連の方も、これは「本当に凄い事実」なので、今一度、腑に落としてほしいですね。

さて、4月となり、新生活がスタートしました。
環境が新しくなり、慌ただしくなっている人も沢山いるでしょうね。

新しい環境でベストパフォーマンスを出すために、
心と体の健康が必要なのは言うまでもありません。

その心と体の健康で欠かせないのが腸内環境の改善ですね。

腸内環境が悪いと、何か悪い事が起った時に必要以上に落ち込んでしまったり、前向きな氣持ちになれない
何となく、体に力が入らない、毎日ダルいなど、自分の力を上手く発揮する事ができません。

なので、1にも2にも真の健康でいたければ、
腸内環境の改善は非常に大切になるのです。

その他にも、「真の健康」になるために大切な事は沢山ありますが
健康情報は本当に玉石混交なので、氣をつけた方がよいです。

我々の酵素を知れている人は、本当にラッキーで、
永伊監督が有している情報は別格なのです。

あっもしかしたら…

4月のどこかの酵素教室か勉強会で、、、さらに凄い情報が飛び出すかもしれません。

永伊監督の情報は、どれも貴重で深い内容のものばかりですが、

今回の情報も本当に凄い…

女性は特に知らないと損をする情報です。

それが、どこの日程になるのか!?
楽しみにしていてください。いつも来て下さっている人は日頃の行いが試されますね(笑)

さて、毎日の健康に欠かせないものは、
先ほど書いた通り沢山ありますが、その中の一つに酵素も含まれます。

ここで、新年度も始まったことですし、
改めて酵素について書いてみようと思います。

酵素とは人間の寿命を本質的に左右する唯一かつ最重要ともいえる栄養素です。

何故ならば、消化、吸収、代謝、排泄、といった「生きる営みそのもの」に深く関わる、
「生命の素」と呼ばれる生きた栄養素であり「生命活動の本質」だからです。

そんな大切な酵素ですが、60代の唾液中の酵素は、20~30代に比べて酵素活性は1/30まで弱まるといわれますので、
老化とは、生命の源の酵素が減少することともいえます。

つまり、歳を重ねるほど、酵素の補給が必要になるのです。

体内にある酵素の代表的なものを上げると、
炭水化物を消化する酵素のアミラーゼ、脂肪を消化する酵素のリパーゼ、タンパク質を消化する酵素のプロテアーゼなどが有名ですが、
これらの酵素が十分に使われることで、はじめて消化活動はスムーズに行われるのです。

なので、炭水化物やタンパク質を摂取しても、それだけでは栄養にはならない。
体内の酵素の力があって、はじめて我々は食物を栄養にする事が出来るのです。

そして上記の三つの消化酵素のうち日本人はアミラーゼが豊富なので、
炭水化物がもっとも消化に負担がかからない食事であり、玄米のような「良質な糖質」の摂取が大切です。

なので、いたずらに糖質制限をする事は大変危険であり間違った行為です。

かといって白米や遺伝子組み換え小麦のような糖質を取ることは逆効果となりますので注意してください。

現代人は、タンパク質や、脂肪を多く摂取する傾向がありますが、タンパク質や、脂肪を分解する酵素は、
日本人は少ないといわれており、消化の過程で消費してしまうエネルギーが大きく、体に大きな負担がかかります。

肉食はスタミナの元と世間ではいわれていますが、食べたその時の満足感などで体力がついた氣になっているだけで、
冷静に自分の体を分析すると、体はダルい、いつも寝たりない。なんとなくやる氣がしないなど、不調に悩まされている人は多いですね。

そして一生涯のうち、体内で生産できる酵素の量は、決まっているとされますので、
酵素を使いきる=死ぬということですから、いかに酵素の消費を減らせるかが重要なのです。

なので、酵素の補給は命の補給なのです。

新鮮な生の野菜や果物、また納豆や味噌などの発酵食品には生きた酵素がたっぷりと含まれており、
消化を助け、体内の酵素の無駄遣いを防いでくれます。

酵素は48度以上の熱で破壊されるものが多いですから(高い温度でも生きれる酵素はある)
加熱された食品や加工食品にはほとんど含まれません。

生の果物や発酵食品を食べた後は、胃もたれなどは起こしにくいですが、
それは酵素がたっぷりと含まれているので消化を助けてくれるからです。

例えば、大根がもっている酵素にジアスターゼというものがありますが、これはデンプンを分解するアミラーゼとほぼ同じ性質です。
違いはアミラーゼは体内から分泌されたものですが、ジアスターゼは大根の細胞がもっているもので、違いは体内で作るか、口から摂取するかだけです。

そのため、口に入れてから腸管を進むあいだに作用して、消化・吸収を促進して生命活動をサポートしてくれるのです。

消化にかかる酵素が節約されれば、その分、健康で元氣に活きていくための「代謝に必要な酵素」に余裕ができ、
新陳代謝や病氣の予防、解毒といった働きが活発になりますので身体に好循環が生まれます。

肉食などはやめて酵素たっぷり(非加熱食材)の食事を意識することで健康状態は良い方向へと変わってきます。

しかし、現代の野菜や果実の農薬の使用量は、年々増え続けていますから、酵素の恩恵よりも
農薬によるダメージの方が今は大きいかもしれません。

現際人が健康で生きていくためには、何重にも張り巡らされた、仕掛けを搔い潜らなければならないのです。
なので、唯一無二のプレミアム酵素をはじめとした我々の情報が大切なのです。

病氣社会に巻き込まれないためにも、正しい情報を得て実践していきましょう。

是非取り入れてください。

5月25日(金)には大好評!大阪で女性だけの酵素教室が新たに決まりました。

その他にも5月3日(木・祝)東京ゴールデンウィーク マル秘スペシャル勉強会など、
沢山の企画が目白押しです。

楽しみにしていてくださいね。

では。

現在募集中の、酵素教室や勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら