【一般無料】自然界からの警告~もう関わってはいけない(どうぶつの声)


・野良ネコに触って死亡?

・毎年の恒例行事「大量殺戮」の季節

・最も「間違った」どうぶつとの関わり方とは?

先日15日のニュースで、野良猫にエサを与えていた女性が感染症にかかり、亡くなっていたことが報道されました。

一昨年(2016年)の5月、呼吸困難になり3日後に亡くなった福岡県内の60代女性の死因が、コリネバクテリウム・ウルセランス感染症と判明しました。

この聞き慣れない感染症、何が原因で発症するのでしょうか。
この感染症は「人獣共通感染症」とも呼ばれ、猫や犬など身近などうぶつとスキンシップをとることから感染します。

そしてこの女性と、女性がエサをあげていた野良猫の1匹からその菌が検出されました。

日本国内では2001年から2017年11月までに25人の感染が確認されていますが、死亡例は今回が初めてです。

初期症状は、発熱、のどの痛み、咳など風邪をひいた時とよく似ており、症状が重症化すると呼吸困難で死亡してしまうことがあるといいます。

菌を保有しているどうぶつが一匹いると、集団生活の中で次々に感染が広がるため、
特に屋外で集団生活している野良猫たちは感染している恐れが強いそうです。

屋内で飼っている犬猫でも、屋外の犬猫と接触すると感染するといわれています。

犬猫の感染症状は、風邪の初期症状のようなもので、鼻水が出ていたり、目やにが増えたり、くしゃみをしたり、というもの。

20180122-1

特に冬場の野良猫にこういった症状が多く見られますが
コリネバクテリウム・ウルセランス感染症かもしれません。

しかし、犬猫にすればこれは風邪のようなものなので、免疫力で知らないうちに治してしまう場合が多いのです。

報道では、これが人間に感染した場合、死に至るケースもあると指摘し、対応策としては、野良猫に近づかない、家の中のペットであっても必要以上のスキンシップはとらない、寝室に入れない、顔を近づけない、ご飯は素手で与えないなどが挙げられるとしてました。

まるで犬猫がバイ菌かのような扱いです。

そもそも何故今回のような事故が起きたのかというと、原因は2つ挙げられると思います。

一つは人間側の免疫力と抵抗力の低下。
もう一つはどうぶつへの関わり方に対する自然界からの警告。

いつも永伊監督や廣岡さんが勉強会で言われているように、日常生活の中に病氣になる仕掛けがあまりに多すぎてどれだけ氣をつけていても「皆が何らかの病氣」になる時代だと言う事です。
普段添加物や農薬に氣をつけているといった人でも、今はそんなものはまやかしにしかならない…実は日本に無農薬野菜なんて存在しない!?など、現実を知れば現代人の免疫力がいかに(意図的に)落とされているかがわかります。

そんなところにウイルスを撒かれたら、たとえ風邪であっても抵抗力のない現代人は重症化するに決まっています。

今回はウイルスの感染源が犬猫だったため、一旦様子見で終わっていますが、これはややもすればどうぶつ無差別大量殺戮への序章へとなりかねません。
それはどうぶつ界では既に始まっています。
鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、口蹄疫、狂牛病、牛肺疫…。
これらの症状がどうぶつ達に出た時、彼らはウイルスにかかっていようがいまいが皆殺しにされます。
現在、感染または発症が確認された場合、法律的に殺処分または国への届出が必要な家畜どうぶつの伝染病は全部で99種類あります。
このうち、法定伝染病と呼ばれ「殺処分」が義務付けられている病氣は、口蹄疫や高病原性(低病原性を含む)鳥インフルエンザを初め28種類もあります。
20180122-12
(牛肺疫に感染した牛)

牛肺疫はマイコプラズマ菌が原因です。
感染すると41度以上の高熱がみられ、倦怠感、食欲不振、反芻停止、水様性もしくは粘稠性の鼻汁のほか、激しい咳がみられます。
慢性に移行すると呼吸困難となって、末期になると重篤な呼吸困難により死亡します。

20180122-3
(口蹄疫に感染した牛)

2010年4月には宮崎県を中心に大規模な口蹄疫の発生がみられ、その年29万頭にも及ぶ牛がその為に殺処分されました。

鳥インフルエンザでは毎年何十万羽もの鶏がビニール袋に入れられ窒息死処分され、
隣国韓国では豚口蹄疫が発見された年、豚が何万頭も巨大穴に放り込まれ生き埋めにされました。
この動画はあまりにショッキングでした。

https://youtu.be/zhym2iJm3Fo
20180122-4

そもそもどうぶつ達がこのような病氣になるのは、現代の工場畜産による異常なまでの過密飼育と不衛生さ、抗生物質の過剰摂取による免疫異常などがあげられ、これらは全て人災なのです。

人間に置き換えて考えましょう。
生まれてから碌なご飯も与えられずに育った子どもが風邪を引きます。
当然免疫も体力もないから悪化します。
発熱も酷くなりやがて肺炎にかかります。
それでも治療は一切されません。
同じ部屋に何十人もの同じような子どもがいる為、みんな移り悪化し菌やウイルスが蔓延します。
これでもわかるように、子どもは被害者です。
しかしこれがどうぶつの場合、病氣の彼らは被害者ではなく「加害者」扱いを受け、処刑されます。

人間がいかに理不尽なことをしているか。
病氣のどうぶつ達を自ら作り出し、ウイルスや菌にかかれば殺処分し、それでもまだその肉を食べようともがきあがく人間の姿は醜い「餓鬼」そのものです。

今回の犬猫の感染症のニュースは、牛や豚にも同様に言えることで、私達人間とどうぶつとの関わり方を自然界から警告されているとしか思えません。

野良猫にご飯をあげる必要があるのか
ペットとして犬猫を飼う行為自体が自然に反しているのではないか
畜産の名のもと彼らの自由と健康を奪ってまでその肉をいつまで食べ続けるのか。

そもそも、どうぶつと人間は住む世界が違います。
彼らには彼らの世界があり、住処があり、それは人間とは別の国家なのです。

違う国家が必要以上に近づくことは自然界は認めていません。
しかし人間だけがその境界線を侵し、近づくどころか、殺して食べて自分の肉体の一部取り込もうとしている…もはや異常行動としか言えない。
これが肉食です。

だから肉食が最も恐ろしい病氣とカルマを運んでくるのです。
どうぶつ達のウイルスや菌が怖いのではありません。

一番怖いのは自然観に逆らった生き方をしている人間そのものです。

今回猫に触れてなくなった女性の事故をきっかけに
どうぶつへの関わり方を考えましょう。

まずは「肉を食べない」という当たり前の選択から始めてみませんか。
健康と若さと美しさ、運氣を上げるためにも「脱肉食」は自分への最高のプレゼントです。

小田奈々


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら