【一般無料】日本一残酷で最低な動物園、ついに廃園へ!?(どうぶつの声)


・一日も速く廃園へ!今こそ声を上げる時!

・この世に動物園はいらない

・今年最後のどうぶつの声

以前にも「どうぶつの声」で議題に上げ問題視していた滋賀県の「めっちゃさわれる動物園」が先日ニュースに取り上げられていました。
複商業施設「ピエリ守山」(滋賀県守山市今浜町)にある動物展示施設(もはや動物園ともいえない)「めっちゃさわれる動物園」が今、退去を迫られています。
今月16日が契約満了日で、ピエリ側は契約更新しない方針を園運営者に伝えていました。
しかし、園運営者側は「退去についての協議は進んでいない」とし、今後も営業を続ける意向を示しており、議論はかみ合っていない状態です。

ピエリ守山に「めっちゃさわれる動物園」が開園したのは2014年12月。
ピエリ守山は2008年9月に開業しましたが、周辺に大型商業施設が相次いで進出し、客足は低迷でした。
そんな中、復活を期して再オープンする際の目玉の一つにしたのが「めっちゃさわれる動物園」だったのです。

めっちゃさわれる動物園は、同市で移動動物園を運営する「堀井動物園」が経営しています。
堀井動物園では複数の施設でどうぶつを飼育しており、定期的にどうぶつ達をたらい回しにする形で、県内外で様々なイベントやどうぶつ展示会をしています。
しかし、今年、堀井に売られたキリンが一か月半で死亡する、オウムの羽がバキバキにおられているなど、その扱いは非常に残酷で粗悪。
それは「堀井虐待園」としてアルバイト店員から内部告発まで起こるほどに。
とにかく悪徳経営者であることには間違いありません。

めっちゃさわれる動物園には、ネコ科のサーバルなどの特定どうぶつや「動かない鳥」として知られるハシビロコウ、ワニやコウモリやライオンまで、なんと100種類以上がいます。

どうぶつ達に直接触れることができるといううたい文句で、休日は家族連れなどでにぎわっていました。

ショッピングセンター内に狭いスペースを設け、その中でバーゲン会場さながらの敷き詰め方でどうぶつ達を物の様に展示しています。
以前見学に行きましたが、それはもう酷すぎる有様でした。

puffer-6

puffer-8

畳一畳にヤギを押し込めていたり、ヒヨコのつかみ取りを子どもたちにさせたり、オウムやフクロウは酷い羽根の切り方をされていたり。

puffer-4

これを虐待と言わなければなんというのか?!と憤りと怒りしかありません。

今までもその展示スペースの過密さや粗悪な飼育環境について様々な愛護団体から抗議が寄せられていましたが、今年に入って一般人にも知られるようになったのが、ライオンのリオン(オス3歳)をめぐるTwitterに上げられた一枚の写真でした。

puffer-5

リオンの飼育スペースのガラス窓に血を擦り付けた痕があると指摘したもので、6月にインターネット上に投稿されると、「なぜ怪我をしているのか」などの問い合わせが、園や県に相次ぎました。

園運営者側の説明では、リオンが怪我をしたのは昨年12月で、飼育スペースを仕切る壁に使われている六角ボルトに頭をすりつけたと言っていました。
すぐに獣医師の指導を受けて治療したと言っていますが、リオンはその後も自ら壁に頭をぶつけ同じ行動を繰り返した為、怪我が悪化したと言っています。
これは常同行動と言って、狭い空間での長時間のストレスを受け、精神的に限界を超えたときに起こす行動です。

puffer-7
(まるで抜け殻のようなリオン)

この画像の拡散によって、園には非難が殺到。
「ライオンをこんな狭いケースに閉じ込めるな」
「どうぶつをなんだと思っている」
園は非難の対応に追われる中も営業を続けていましたが、ふと氣付くとリオンはある日突然園から姿を消したのです。
一体どこへ行ったのでしょうか。

園にはその後も、どうぶつの飼育方法などを巡って、愛護団体や市民からの意見や問い合わせなどが続き、それは商業施設のピエリ守山側にも多く寄せられました。

ピエリ守山と動物園運営者の契約では、3年で満了となっていて、ピエリ側は今年9月「(園とは)契約更新はしない」との方針を園運営者側に伝えました。
その後、両者の代理人弁護士が交わした書面によると、契約更新しない理由の一つに「行政側や動物愛護団体などからのクレームが多数寄せられ、対応を強いられた」ことを挙げたといいます。
書面ではさらに「現在もなお市民から厳しい批判や指摘が継続している」などとも主張しています。

契約満了の今月16日も、園には親子連れが訪れ、子どもたちがどうぶつに触れて笑顔を見せていましたが、こんな展示された可哀そうなどうぶつを娯楽で見に来る子どもなんてろくな大人に育ちませんよ。
親に自然観がないから当たり前ですが、今の子ども達はあまりにも優しさや想像力が無さすぎます。

私が見学に行った日も、ハムスターをお手玉の様に握りしめる子や、ライオンの壁を叩く子、ヒヨコを投げ飛ばす子など、目も当てられない状況でした。

puffer-9

それでも園はしぶとく、「自分たちはこれまでもピエリ守山を盛り上げてきた。契約を継続してもらえるように求めていきたい。仮に閉園となれば、行き場を失う動物たちもいる」と勝手な事を言っています。

「行き場を失うどうぶつがいる」
こういえば一部の人間の歪んだ「同情」を引けるとでも思っているのでしょうか。
いくら場所を変えたところで、どうぶつ達は自由を手に入れる訳でもなく、新たな生き地獄が再び始まるだけです。
そもそも、ここにいるどうぶつ達はもうとっくに行き場なんて失っているのです。
檻に入れられたその日から、鎖で繋がれたその日から。
彼らにはもう帰る場所が無いのです。
彼らが求めているのは行き場ではありません。
「生き場」です。
自分たちの生きる場所、すなわち故郷なのです。
場所を変えたところで、何も変わらないのです。
彼らを故郷に返すこと、そして二度と故郷から浚ってこない事。
私達市民がすべきは、動物園というもの自体のボイコットです。

どうぶつの自由を奪い、権利を奪い、命を奪うものに対しての「正当な非難と批判と抗議」を続けること。

正当というのは「そのものの立場に立って知・情・意を持って伝えること」です。
感情だけで暴走してもダメ、頭で理屈を並べても伝わらない、自分を信じて言い貫くだけの覚悟はあるのか。

監督がいつも言われる「知・情・意」。
自然観やどうぶつ観を伝えるときこそ一番これが必要だと感じます。
そしてそんな人がどうぶつを助ける強く優しい人間になると信じています。

今年からスタートした健・賢・美。
監督からの賢は、知・情・意を育む学びの数々と、ほかの講師には絶対に真似できない「人間学の最高峰」ともいえる教えがあります。
廣岡さんの健は、その学びを天命尽きるまで生かせれる健康な心身の作り方、そして私からの美は、影響力を持つための魅力的な外見の作り方を毎回全力でお届けしています。

今年も残す所僅か。
2017年に生きた証、今年にどんな足跡を残し、来年へと繋ぐか。
自分の手を、足を、口を動かすことで、一頭でもどうぶつの命を救えたのであれば、私には生きている意味があります。
この命を少しでもどうぶつ達の未来のために使い、後の子ども達に繋ぐことを目標に掲げ、新年を迎えたいと思います。

今年もこの記事をお読みくださり、ありがとうございました。
沢山のどうぶつ達と共に、心から感謝いたします。

小田奈々

※ぜひ皆様のご意見を届けてください。尚、電話番号の間違いにはお氣をつけください

堀井動物園 代表077-582-4309
ピエリ守山  代表問い合わせ先 077-584-1000
守山市市役所 代表 077-583-2525