無知と無口は罪である


☆クローン野菜。

☆消費者の無知は恐ろしい。

☆人間性が、最も出る場が懇親会。

☆本物と偽物。

☆実は危険人物。

毎月、これだけの数の酵素教室をやっていると、
スーパーに行くことが日常となり、「この日の、この食材の価格は安いなとか
主婦のように目が肥えてきて、食材の買い出しの合計金額が安いと非常に大きな達成感があります(笑)

その中で、目につくのがF1種の野菜。
まるで金太郎アメのように、キレイにそろった野菜達。

クローン野菜ともいわれるF1種

それが当たり前になっている消費者の無知も恐ろしいですが。
おもちゃのように均一に揃った野菜達を見るとゾッとする事があります。

F1種とは元々あった野菜のタネに、外国産などのタネを掛けあわせたもので
品種改良と言われるもの。

以下のような特徴があります。

・一代限りしか作ることは出来ないが、形が均一に揃う特性があり、スーパーなどへの大量出荷向き。
・生育力が旺盛で、一斉に撒いて、一斉に収穫出来るのも特徴。
・品種改良をしているため、味や大きさなどのバリエーションが豊富。
・特定の病害に耐病性をつけることができる。
・育成期間が速いため細胞が粗く、そのため大味になりやすい。

これに対してある種が「固定種」と言われるものです。
以下のような特徴があります。

・代々受け継がれてきたタネで、味やカタチが同じで「固定」されている。
・採れたタネを植えると同じものが出来る。植えた野菜から農家がイイ種を選別して、また次に植える事ができる。
・形や大きさ(規格)が不揃いなので大量出荷には向かない(大きさがまちまちのため値段がつけづらい)。
・野菜本来の味がして美味しい。

とう特徴があります。これだけ見ると、どちらも、それぞれメリットがありそうですが
F1の問題点は、「一代限りでしか命をつないでいけない種族」人間で言うと「無精子症」の種だということです。

その野菜を、人間が摂取し続ける被害は未だ未知数となりますが
事実として、現代の若者の精子の量は、50~60代の比べて半分だといわれている事実があるわけです。

F1種については、また詳しく書きますが、とにかく、今の野菜の問題は農薬だけではなく、
「私達の周りには、危険な食品で溢れ返っている」と言うことを覚えておいてください。

このような事を書くと「不安を煽ってどうするんだ」という意見を言ってくる人を少なくありませんが、
我々は解決策を持っているので
このようなことも伝えることが出来るわけです。

なので、我々は酵素に使う食材も、「安心で安全なものを使うことが出来る」これは奇跡に近いことですが、

逆を言えば、しっかりと対策が出来ていない野菜や果実を使う事は
非常に危険だということも覚えておく必要があります。

我々の酵素は本当に別格なのですよ。
その上、味も美味しいので、まさにプレミアムな酵素です。

参加できる人はラッキーな人だと本当に思いますね。

さて、これだけ全国を飛び回っていると
酵素教室や勉強会には様々な人が訪れますが、
その人間性というものは、酵素作りや講義の中だけではわかりません。
(人相である程度分かりますが。。。)

なので、その人間性が、最も出る場が懇親会です。

一見大人しそうな人が実は凄くおもしろかったり、
酒が入ると豹変する人がいたり。

そして、一緒に参加している受講生が、どのような志で学んでいるのか。
講師がどのような人物なのか。
オフィシャルな部分だけでは決して分からない
人間の本音の部分が見え隠れするのも懇親会です。

さらに、懇親会では、その時だけしか聞けない貴重な学びがありますので
来ない人は、ものすごく損をしていますね。

永伊監督の名言も実は懇親会で生まれたりする事が多いので。

また、人間力などが試されるのも懇親会です。
全体の空氣を読んだり、話題の振り方や、その時に必要な立ち振る舞い。
積極的に盛り上げる姿勢など。

本人の意識次第では、伸びる要素が満載です。

前回の大阪酵素教室で幼稚園の経営者の方が来ました。
そこの幼稚園は、お肉は出さないし
玄米を使うなど食事などもこだわり、自然との関わりを大切にしている素晴らしい幼稚園です。

酵素教室の印象だけでは、大人しい方かと思っていたのですが、
懇親会の二次会で行ったカラオケでは、
全員の予想を、はるかに上回るはっちゃけぶりで(笑)

後半は踊り倒してました。

その日の懇親会は、一次会から二次会まで最後まで本当に盛り上がったわけですが、
懇親会という空間は、参加している人それぞれが
意識して場を盛り上げようと努力をすると本当に素晴らしい場になります。

一次会では、僕の新規の方の質問に対する返答力の至らなさから。。。

永伊監督から、指南があり、質問力や返答力や
本物と偽物の見分け方など、深い哲学に繋がりました。

世の中では情報を配信している人は沢山いて、
どの情報が正しいか分からなくなることがあります。

正しいことをいっているような、有名な人でも、実は危険人物だったりします。

それは、ある角度から見れば簡単に見分けることが出来るのですが、
そのような話にもなりました。

まぁ、こんなハイレベルな指摘が出来る人は、永伊監督ぐらいですがね。

このように何氣ない一言や会話から、
物凄い深い話になるのも懇親会の凄いところです。

反対に、参加している人が、常に何も話さずに質問すらないとなると
一緒にお酒を飲んでいても面白くはないし帰りたくなります。

氣配りとはそのような場で磨かれるものですし
永伊監督も懇親会が、1番大事だと言っています。

繰り返しになりますが、参加している人の人間性や、
本性がでるのも懇親会です。

という事は、自分の「ダラシない本性を磨ける」のも懇親会という事になりますね。

参加される方は是非、意識してみてください。
永伊監督は、こちらの情熱には必ず応えてくれる方なので。

18日、23日の健・賢・美のことは、また来週書きますね。

さて、いよいよ明後日は年に一回のレシピ公開!
超限定のプレミアム酵素教室です!

どんな酵素が飛び出すのか???

楽しみにしていてください。

では!