【一般無料】名古屋の快挙(どうぶつの声)


・神奈川、札幌、熊本に続き…
・殺処分を無くすための4つの働き
・日本から殺処分機が無くなる日まで

平成28年度、環境省発表の全国犬猫殺処分数は5万5998頭。
(犬1万424頭・ねこ4万5574匹)
これは前年の平成27年度の8万2902頭から比べると約3万頭も減少したことになります。
この勢いは止まらず、東京オリンピックに向けて「日本全国殺処分ゼロ」を掲げて自治体と愛護団体が連携を取って動いています。

そんな中、昨年2016年、名古屋市の動物愛護センターが遂に犬の殺処分ゼロを達成しました。
これは1985年の開設以来、初めての事。
名古屋市に集められた「ふるさと納税」の寄付金が財源となりこの活動を全面的に支えました。

同センター愛護指導係のN係長によると
「2013年度は83頭、2014年度は56頭、2015年度は25頭の殺処分をしました。あと少しでゼロにできる!
しかし、犬を生かすために税金を使っていいのかという議論もありました。ならば寄付金で行おうと、昨年度から取り組みをはじめました」

「もう殺処分をやりたくない」と泣く職員もいる中、なんとかしたいという思いだけで始めた寄付金集め。
当初の寄付の予想は100万円ほどだったそうですが、蓋を開けてみると、予想の10倍以上の約1100万円の寄付金が集まりました。

お金の使い道は、エサ代、医療費、(しつけや世話をする)ボランティアさんへ現物支給する首輪、リード、ペットシート等の代金など。
これを寄付金で賄えるのは本当に大きい事です。

犬猫を保護するために一番必要なものは「お金」と「場所」なのです。

「センターから引き取って飼い主を探してくれるのがボランティアさん。本当に頭が下がります。

1頭につきエサやペットシートなどをワンセット渡していますが、医療費がどうにかならないか、という声をいただいています。
病気の犬や猫を引き取っていただいた場合、飼い主が見つかるまで病院代は全てボランティアさんの自腹。今後、検討する予定です」(N係長)
犬猫の病氣は保険が無いので、実質一回病院にかかると数万円、手術となると10万単位のお金が飛んでいくのが現実です。

この名古屋の取り組みは、全ての自治体が真似できることであり、今までボランティアが一人で行ってきた事を市が呼びかけ、市民の力を集めることによって成し遂げれた快挙です。

じつは今回の殺処分ゼロに向けて、名古屋がずっと手本としていた自治体があります。
それは神奈川県川崎愛護センターです。
ここは日本でもいち早く殺処分問題に取り組み、現在犬は4年連続、猫は3年連続殺処分ゼロを更新しています。

「好きな動物を助けたいと思い獣医師になったのに、なぜ動物を殺しているんだろうって。今まで(犬や猫)100匹以上は手にかけました…」
苦しい胸の内をそう吐露するのは川崎愛護センター勤務のY獣医師。

自らの手で麻酔薬を打ち処分する様子を、
「注射器のシリンダーの目盛りが減っていくんですけど、手が震えて力が入らなくなったこともありました。

閉じた目は2度と開かないんです」と処分時の様子を振り返ります。

いつもどうぶつ達にはこう呼びかけていたといいます。
「ただ、安らかに眠ってくれ。
次に生まれ変わったときは、幸せになってくれと、いつもそれだけを願っていました」

puffer-236

Yさんは2005年から2008年まで、川崎愛護センターに勤務し、殺処分を担当していました。
「仕事なので誰かがやらなければならない。悔しい気持ちだけでは何も変わらない。
殺処分されるどうぶつを少しでも減らすために何かを変えていかなければと思うようになりました」

それまで川崎愛護センターでは年間2000頭以上の犬や猫が殺処分されていました。
しかし、このことに強い問題意識をもった職員たちは、以下に紹介する4つの取り組みによって、2013年日本初の殺処分数「ゼロ」を達成したのです。

①保健センターの収容数を減らす

平成25年9月1日に動物愛護法が改正されました。
動物愛護センターは正当な理由がない場合、動物を引き取るかどうかを選択することができるようになりました。
「子犬・子猫が増えすぎた」「思ったよりも大きくなった」などの飼い主の勝手な都合での受け取りを制限し、これにより収容頭数を半減させたのです。

②TNR

T:Trap(トラップ)N:Neuter(ニューター)R:Return/Release(リターン、リリース)
野良猫を減らすためにTNRという活動があるのをご存知でしょうか。
Trap(トラップ):人道的な捕獲器で野良猫を保護
Neuter(ニューター):去勢・避妊手術を行う
Return/Release(リターン):元の生活場所に戻す

「Trap」「Neuter」「Return/Release」という頭文字を取った、野良猫の意図しない繁殖を防止するための活動です。
子猫は親猫に飼育放棄されると自力で生きられないため、野良猫の子猫のほとんどは保護センターに引き取られていたのです。
実際センターで処分される猫の8割は生まれたばかりの赤ちゃんや生後1か月以内の子猫です。

現在では地道なTNR活動によって野良猫の繁殖数は少しずつ減り、センターに持ち込まれる子猫の数も減少してきているといいます。
しかし、人間の手で捕まえて去勢手術を施すことについてはやはり賛否両論あります。
人間が犬猫の去勢や避妊手術をすることは不自然だ、と普通はみんなこういうと思います。

でもよく考えてみてください。

もっと不自然なことは、命をお金で購入することや、犬猫に首輪を付け、奴隷の様にペットとして飼う事や、増えすぎたからといって処分機にかける事などではないでしょうか。
人間が作り出したこの不自然な社会の中で生かされていく犬猫たちにとって、彼らが幸せに生きていくには一体何が最善の策なのか。
この議論に正解はないのかもしれません。

もしあるとするならばこの問題を根底から覆す事。
ペットショップを無くし、買う行為を禁止し、動物愛護法を改正し、処分機を日本から無くすことです。
今行っている全ての取り組みは、そこにたどり着くための布石へとしなければなりません。

③譲渡の出口拡大

保護されているどうぶつの譲渡口が広がったことも殺処分ゼロを達成するうえで欠かせないものでした。
「個人」「団体」を問わず、大小さまざまなボランティアが保護センターに登録しており、飼育をしながら新しい飼い主を探しています。

実際、ボランティアと自治体が手を取り合うようになってから、多くの命が救うことができました。
現在「神奈川県動物保護センター建設基金」として一般向けに資金を募っています。
これで、誰でも家にいながら、殺処分を無くす活動に参加できるのです。

④ 啓蒙活動

保護センターでは保護されたどうぶつ達の精神的・肉体的ケアだけでなく、すでに飼い主である方への啓蒙活動にも力を入れています。
飼い主に最後まで責任をもって共生してもらう為に、啓蒙活動を通してどうぶつ愛護の精神を広めています。

「飼養前講習会」が毎月第2.4金曜日に開催され、講習を受けた方は毎月第3金曜日に開催される「譲渡会」に参加することができます。
飼っては捨てる人が多い中、このような心へ教育は子どものみならず、大人にこそ必要だと言えるでしょう。

このような殺処分ゼロに向けた神奈川県の4つの取り組みを模範として、札幌市や熊本市、広島市といった自治体も後に続き、現在犬猫殺処分ゼロを達成しています!
そして今回、名古屋市も!

puffer-128

更に神奈川県では未来を見据えた取り組みも行っています。
1972年に開設された県動物保護センターは老朽化しているため、新施設を2019年4月に開設する予定ですが
新しいセンターの設計図には「殺処分室」はありません。
代わりに保護されたどうぶつ達が快適に過ごせる部屋やケア施設、ドッグランなどを併設した施設の建設を現在予定しています。

現在、寄付を募っていて、目標の11億円に対し、現状は2億3万8014円(10月6日現在)。

しかしこの施設が完成された暁には、ドイツのティアハイムや、イギリスのバタシーの様に、どうぶつの命を守る日本のシンボルとなる事でしょう。

まだまだ自治体によって意識の差は大きくありますが、しかし私達はしっかり目標に向かって進み、
殺処分と同時に命の売買をするブリーダーとペットショップを廃止へと持っていく責任があります。

数年前に出向いた、大阪城の目の前、地下2階にある動物愛護センターという名の最終処分場。
そこで見た光景は一生忘れることはできません。

喉に大きな腫瘍をぶら下げて処分機の前でうずくまっていた1匹のゴールデンレトリバー。
水でびしょ濡れになったガリガリのハスキー。

隅で体を寄せ合う数匹の雑種犬。
いまだに脳裏に焼き付いています。

それまで俯き目を合わせようとしなかった犬が、最後にこちらを振り返り見つめてきた、あの時の瞳が今の私を動かしています。

puffer-213

私達は今日も生きています。
いえ、生かされているのです。
何のために?
その理由は自分で作り上げていくのです。それが人生というものだから。

あなたに出来ることは何ですか?
1匹でも殺処分から救うこと。
ペットショップで買う人を一人でも減らすこと。
一人にでも現状を伝えること。
一枚でもチラシを撒くこと。
一言でも抗議すること。
今出来る事の積み重ねが人生を作ります。
たった一つでいい。
今出来ることを、今から始めてみませんか?

小田奈々


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら