【一般無料】永伊が起こしたサプライズ(NAGAIproスタッフ・廣岡ブログ)


・薬効成分が抜群に高い秘密の温泉。

・永伊監督のサプライズ勉強会。

・性格、ポジティブ思考、ネガティブ思考、人格ですら腸内細菌が司る。

・世界一美味しいマンゴー再び。

・最高峰のバクテリア学。

目まぐるしく毎日は過ぎていきます。
先週の八ヶ岳が1ヶ月前のような感覚(笑)

それもそのはず?心と体が本当の意味で健康になる、本物の情報を届けに全国を駆け回っているわけですから。

NAGAIproだけの命がけの情報を。

そんな相変わらずのハードワークですが、
先日、実は永伊監督とこっそり温泉に行きました。

疲労回復は勿論、神経痛や皮膚病、関節痛、運動麻痺にも良い
薬効成分が抜群に高い秘密の温泉です。

20170804_063934

広くて氣持ちよかった〜
たまには息抜きも必要ですからね。

伝える情報も一流、入る温泉も一流です(笑)

さて、休んだ分は、ガンガン仕事です。

9日は東京平日「特殊な桃酵素教室」だったのですが、この日は特別な日になりました。

何故ならば…

前半の大好評の特殊な桃酵素教室(この日の桃は更に特殊な高級桃でした!)を終えた後、解散かと思いきや、、

なんと永伊監督から、「みなさん何か聞きたい話はありますか?」という質問が!

後半は永伊監督のスペシャル勉強会になったのです。

この日は、酵素マイスター、全国トップの段の保持者であるH夫妻も来られていたのですが、
旦那さんの方が、「感情も性格も、人格も腸内細菌が作りだしている話がどうしても聞きたい」というリクエストがあり、
超貴重なサプライズ勉強会が始まりました!

この話は、一部の地域で少しだけ明かされましたが、永伊監督の情報は常に進化しますので
その時よりも凄い情報が上乗せされていました!

20170809_160329

腸内細菌の本当の力。

性格、ポジティブ思考、ネガティブ思考、人格ですら腸内細菌が司る。

鬱病、糖尿病の根幹原因…

炭水化物、脂質、タンパク質、食物繊維の黄金バランスは。

バクテリアは小宇宙。

肥満を抑えるバクテリア。

人体に大切な3つの菌群。

動脈硬化を防ぐ菌。

ヴィーガンに多い、ある菌。

糖質の分解がされない!?その菌の正体。

日和見菌が実は…

腸内細菌を育む、本当に良い食材。

殺人者が保有している共通する菌。

その他にも、この日しか聞けない情報の数々…

今後、東京でこの話をするかは分からないので、本当に貴重。

何故ならば、常に、永伊監督の情報は新しく、更新されているため、
凄い内容もドンドン埋まってしまい、次から次へと内容が進化してしまうからです。

今までも、「もう一度この話を聞きたい」というリクエストは
多々あるのですが殆ど実現していません。

同じ酵素教室でも、このようなサプライズがあるのも、
NAGAIproの酵素教室の特徴の1つだったりします。

なので、H夫妻のように、平日も休日も真面目に通って
自分を高めようとしている方は、このようにラッキーな事が多いです。

さらに、この日はなんと!

今年は健・賢・美セミナーでしか食べることが、できなかった!

永伊監督の農園から届く、世界一美味しいマンゴーも振舞われたのですから。

20160729_blog1820160729_blog23

皆さん良かったですね(笑)

今回は腸内細菌について語られましたが、
酵素を語る上で腸内細菌の事は知っておく必要があります。

腸内細菌のバランスは、生後一週間で出来上がると言われており、
母親の産道を通るときに周りにいる常在菌が寄生します。

なので、母親の持っている菌が悪玉菌が増える肉食や添加物、化学物質だらけ
であれば、生まれてくる子どもの菌も汚くなり、無農薬玄米や日本古来の作り方をしている発酵食品などを、
しっかりとっていれば、菌は綺麗になります。

あなたのライフスタイルが、どのようなものであるかで
愛する我が子の「一生分の生命力」に大きな差がつくのです。

だから、腸内細菌を汚す肉食をやめ、添加物、化学物質は勿論、
小麦なども可能な限り控えなくてはいけません。

腸内細菌の数は最近では1000種類、1000兆個
重さで1.5〜2キロもあるといわれますから無数の腸内細菌が我々の腸内には住んでいます。

腸内細菌は主に

善玉菌(ビヒィズス菌、乳酸桿菌 etc…)

悪玉菌(ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌etc…)

日和見菌(レンサ球菌etc…)

の3つに分かれます。

善玉、悪玉と名前はついていますが、
悪玉菌と善玉菌はエネルギーのやりとりを行う事もわかっており、
善玉菌が歯が立たない病原菌などを、悪玉菌が退治してくれることもあります。

日本人の食事上が余りにも酷く、悪玉菌過多な人が多いため悪く言われるようになったのでしょう。

過剰に増えた悪玉菌の酸化酵素は、未消化のたんぱく質を腐敗させて毒素を発生させ、
その毒素が免疫力を低下させてしまうので、癌をはじめとした病氣のリスクを高めるのです。

あくまでも、善玉菌と悪玉菌のバランスが大事なのであって
悪玉菌自体が悪いわけではないのです。

日和見菌(ひよりみきん)は、腸内環境が善玉菌が優勢だと善玉菌の働きを助け、悪玉菌が優勢だと悪玉菌の働きを助けます。

世間一般では、善玉菌、悪玉菌ばかりに焦点を当てる事が多いですが、
実はこの日和見菌の働きが重要で、9日に話した永伊監督の内容は

この「日和見菌」にメスを入れた、最高峰のバクテリア学だったのです。

ここを語れる講師はいませんね。しかもあれほど分かりやすく。

正しい情報を掴み、健康になりましょう。
健康は全ての事を成す基盤ですから。

さて、僕も1人で話す機会も増えてきたので、そちらも常に進化させていきますよ。

毎年、毎月、毎日、毎秒進化するNAGAIproをこれからもお見逃しなく。

9月の日程が発表されました。
そして、8月の日程は大分埋まってきていますのでお見逃しなくです。

現在募集中の、塾、勉強会はこちら
http://nagaipro.com/an/?page_id=35180

では。


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら