【一般無料】次世代からのメッセージ(健康基礎講座)


自然から何回も警告が出ているのに、身勝手な行動を繰り返す人間。
ある日、次世代の人間からメッセージが届いたら?
ご先祖が残してくれた○○や○○などを継承しないと、人間に未来は無いかもしれません。

健康、幸福、想像力、共感力、美しい心、氣高さ、視野の広さと高さ、民族の誇り・・・

肉を食べ始めた日本人は肉と引き換えに、尊いものをたくさん失いました。

肉を食べる行為は、牛肉なら牛との別離を意味します。人間と近い種族を平氣で殺せるのは、
相手の立場に立ったり、共感する力を失ってしまったからです。

自然界は人間に肉食を許していません。特に日本人が肉を食べても分解できずに腸内で腐敗して、その際に発生したニトロソアミン、
インドール、スカトールなどの有害物質が体内に吸収されて血液を汚し、全身に回って細胞を汚します。
その結果、がんや心臓病を始め、様々な病氣が増えたのです。

肉を食べだすと、日本人が代々継承してきた文化、習慣、精神性の素晴らしさや重要性が理解できず、
目の前の瞬間的な楽しみに傾いていきます。

そうして、どうぶつや自然、未来のことを考えられなくなっていきました。

これは日本の歴史上、とても深刻な状況です。

もともと日本人は氣の高い民族でした。

自然と共に生き、人間の精神性を高める知恵や教えが代々継承されてきました。
偉大なる先人は、自分の健康や幸せだけではなく、子孫繁栄も願っていました。

例えば、おせち料理の田作りに子孫繁栄、健康、豊作の願いが込められているように、
思想が人々の生活のレベルまで根づいていました。

しかし、食事の欧米化によって肉を食べるようになって病氣が増え、視野が狭くなってしまいました。
自然界の法則から外れた行為は負のエネルギーを生み出し、必ず自分に戻ってきます。

本当に子孫繁栄を願うなら、肉を食べることはできません。

こういうことを言うと、中には笑い出す人がいるかもしれません。
最も重要なことを軽視する。日本人が狂わされてしまったということなのでしょう。

ところで、ある日あなたの元に、まだ見ぬ子孫からこんな1通の手紙が届いたら、あなたはどうしますか?

******** 以下、手紙本文 ********

何代か前の日本人に向けて・・・

拝啓 私はあなたが亡くなった数十年後に日本に生まれた者です。
そちらはいかがですか? 残っている資料によると病氣や犯罪が増え、混乱の時代だったとされています。

私の世代はもっと生きにくく、人々は苦しめられています。
苦難の世界に放り出された私達は、不安、混乱、迷いの中にいます。

それらの原因は、あなた方の時代に生み出されたと知り、いてもたってもいられなくなり、
今こうしてペンを走らせている次第です。

こちらは氣候の変動が激しく、昔は四季があったと聞いていますが、今は季節を感じることが難しい時代です。
突然嵐が来たり、氣温の変化が激しく、心身の負担は相当なものです。

病氣は当たり前。それでも、歩いたり自分で生活ができれば幸せな方です。
幼いうちから病氣を患い、将来が絶望的な子どもが私の周りに何人もいます。

どうか他人事と思わないでほしいのです。
人は何度も生まれ変わると言いますが、あなた達の中に、生まれ変わって我々と一緒に苦しんでいる人がきっといるでしょう。

負の遺産を次の代に渡すわけにはいきません。
今、私達は、日本にもともとあった素晴らしい知恵や習慣を取り戻すべく、日本中を駆け巡っています。
一端途切れたものを復活させる事は容易ではありません。

私自身、重い病を持っているので間に合わないかもしれません。
でも、人間の最低限の役目だと思って、日々邁進しています。

ただ、もっと早く行動に移していれば・・・、と悔いています。

知らないうちに植えつけられてしまった誤った思想や行為をストップして、
日本の素晴らしいところを取り戻さないといけません。

例えば、どうぶつや森を痛めつけたり海や川を汚し続ける誤った行動を止めて、
八百万の精神と言われる自然を尊ぶ心を取り戻す、といったように。

私達の力だけでは限界があります。是非協力してください。
そして、誤った行動をあなたの代で少しでも止めて欲しい。心からのお願いです。

************************

こんな風に子孫から訴えられたら、誰でもドキッとするのではないでしょうか。
しかし、このままいくと人間も地球からいなくなるでしょう。つまり、「要らなくなる」ということ・・・

人間が農耕を始める前、地球には60~70億ヘクタールの森林があったのに、現在は13億ヘクタールだけ。
約5分の1にまで減ってしまいました。

しかも、そのほとんどが1950年以降の約70年間で失われたのです。もちろん、人間の手によって。
少なく見積もっても、毎年1,500ヘクタールの森林が消えています。1分間にサッカーコート20面の森林が無くなっています。

森林は水を蓄え、多様な生物が住んでいるため、それを失うのは生態系の大きな変化、氣候変動にまで影響が広がっていきます。

また、種の絶滅がどんどん加速しています。現在、1年間に4万種もの生物が絶滅していると言われていて、
人間の影響で、絶滅速度が1,000倍も速くなっています。

オランウータン、クロサイ、スマトラゾウ、マウンテンゴリラ、スマトラトラなど、映像で見たことがあるどうぶつも
絶滅の危機に瀕しており、近い将来地球上からいなくなると言われています。

一番の原因は住む場所を失ったためで、他にも狩猟や採集、水や土壌の汚染などにより、どうぶつが地球上から消えています。

これは全て人間のせいです。このままにしておくと、ただでは済みません。

「自分が生きているうちは何とか大丈夫だろう・・・」
このように考えている人がいるかもしれませんが、既に危機的状況の中にいるのです。

このままだと必ず病氣になり、苦しみながら死んでいきます。
因果応報。自分がしたことは、必ず自分に戻ってきますから・・・

私達が生きているのは、ご先祖がいたからであり、これから生まれてくる子孫とも繋がっています。
ご先祖の残した恩恵を私達が受け取ったように、私達も次の世代へ継承する責任があるのです。

「立つ鳥後を濁さず」と言いますが、できるだけ地球をきれいにして次の世代へ渡しましょう。

山本 和佳


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら