【アーカイブ配信】犬達の叫び(どうぶつの声)


・毎日5000匹の消える命
・哺乳類はみんな同じ
・海外を責める前に日本人が今すべき事

アジアでは犬を食べる習慣があります。
日本でも戦後食べる物がない時代は犬を「赤犬」と呼んで食していました。
赤犬というのはただ単に毛色が茶色い犬の事で、要はどんな犬も見境なく食べられていたという事です。

その後日本は物資共々豊かになり、犬を伴侶として扱うようになり、犬食は自然と無くなりました。
しかし実は、未だに大半の日本人が犬を食べ続けている事をご存知でしょうか。

これを言うと皆まず信じません。そしてそれぞれに意見を述べてきますが、残念ながら今、多くの日本人は知らないうちに犬を食べています。
しかし日本に犬の屠殺場はありません。

では犬肉は一体何処から来ているのでしょうか。

夥しい数の犬の死体は中国や韓国から海を越えて、私達日本人の食市場へと流れてきているのです。
ではどこに流れているのでしょうか。

皆様はハンバーガーに使われている肉や、外食産業の餃子、肉団子、串カツ、焼き肉弁当など、100%これは牛肉だ!豚肉だ!と言い切れますか?
グチャグチャのミンチにされ、添加物で匂いと味を誤魔化され、色を付けられ、濃い味付けのソースやタレで味付けされて、もはや今の肉には原型がありません。

冷静に考えてください。
牛も豚も馬も犬も同じ哺乳類ですよ。

哺乳類の肉なんて、ミンチにして添加物まみれで味を誤魔化したら「どれも一緒」です。
ならば、あなた方が食べている肉は、犬である可能性が大いにあるという事です。 中国人観光客が増えるわが国では、近年堂々と犬肉料理の看板を掲げる店が増えてきています。
これは新たに始まったことではなく、市場が求めだした事による開き直り商法でしょう。

20160208doubutu

犬肉は既に捌かれた状態、肉の塊の状態で日本に輸入されてきます。
故に表示で「犬」と書いていなければ正直何の肉かわからないと言います。
なので日本の外食産業も知って使っている所は少ないかもしれません。

お隣の韓国では年間200万匹の犬を食用の為に屠殺しています。
しかしこれは表に出ている数字だけであり、闇市場で取引される犬達も含めるとその数は2倍以上にもなると言われています。
一日に換算すると毎日約5479匹の犬が韓国では惨殺されているという事。

そこまでして犬を食べる理由が一体どこにあるのでしょうか。
韓国はそんなに食物に困っている国なのでしょうか。
いえ、違います。
この大量に殺された犬達の亡骸は冷凍保存され、その3分の2以上が外国へと輸出されています。

そしてその犬肉を最も輸入している国が日本です。

犬肉は表示偽装や闇取引市場で動くためその数は計り知れませんが、毎年日本に入ってくるのは数万トンとも言われています。
日本は世界から5800万トンの食糧を輸入し、そのうちの1900万トンを廃棄しています。

その廃棄分だけで飢えで苦しむ途上国4か国分の人々を救えると言われています。
その廃棄の中に犬も入っているのです。

自称愛犬家の多い日本ですが、ふたを開けると矛盾だらけ、命の喰い捨て、使い捨てだらけなのです。
そして中国でも同様の犬肉産業は根強く残っており、中国に至っては屠殺されている犬の数ははかり知れません。
中国の王林では毎年6月の夏至に「犬肉祭り」が開催され、その日一日の祭りだけで一万~2万匹の犬が惨殺されます。

20160208doubutu2

犬を殺し食べる国はその他、ベトナム、インドネシア、フィリピンです。

犬を殺し食べる国はその他、ベトナム、インドネシア、フィリピンです。
やはりこの間でも闇取引は存在し、飼い犬の盗難や野良犬の捕獲などが手当たり次第日々繰り広げられ、それを罰する法律もなく、アジア諸国で生きる犬達に平穏な幸せなどありません。
屠殺される犬は元ペット、元警察犬なども含まれており、中国や韓国の屠殺トラックには日々ぎゅうぎゅう詰めになった犬が屠殺場へと運ばれます。
元々人間の伴侶として扱われていた子達も容赦なく血祭りにあげるのが「犬肉食」であり、それを無意識に支え加担しているのが私達日本人です。

20160208doubutu3
20160208doubutu4

動画
http://www.youtube.com/watch?v=pJqhPI0Anso&sns=em

犬達は鳴けないように口を紐できつく縛られます。
両手両足も拘束され、全く身動きの取れない状態で殺されます。
犬の屠殺方法は特に残酷極まりない方法で行われますが、これは「犬は苦しめて殺した方がアドレナリンが出て肉が柔らかく美味しくなる」と信じ込まれているからです。
一体誰が何の目的で風評したのでしょう。ですがこれらを信じ、さらに犬肉は滋養強壮に良いと信じ込んでいる愚かな民族は、最大限の苦痛と恐怖を犬に味わわせて殺すという残忍な方法で屠殺します。

まず黙らせるために熱した鉄槍を犬の耳に突き刺します。
これは鼓膜を破り鳴けなくさせるためです。

犬の屠殺方法は非常に残酷なものでその方法も様々です。

首に槍を突き刺し、煮えたぎる熱湯の大釜に放り込みます。
犬は熱湯から逃げようともがき、暴れますが抑え込まれ、生きたまま茹でられます。これは、この後調理しやすくする為、犬の毛を全て熱湯で溶かす事が目的です。
毛が全て抜け落ち、それでもまだ犬はかろうじて生きています。
そして釜から出された後、まだ意識のある状態で殴られ、刃物で4本の足を切り落とされ腹を裂かれていきます。

20160208doubutu5

その他、よく行われるのが、犬を首吊りにした状態で生きたままバーナーで顔や頭から焼き殺すというやり方。
犬は苦しみ暴れ回るので、まんべんなく火が周り、人間は動かなくていいと言う理由でこれらは行われます。
これには「サンガクテ」という台を使うことも多く、サンガクテは犬が動く事によりセンサーが反応し、下から炎が吹き出る特殊な処刑台です。
犬は絞殺と焼殺の両方を受け、時間をかけて苦しみ抜いて死んでいきます。
特に大型犬は、屠殺後、毛を焼くために火であぶるとき裏返すのが大変なので、サンガクテやバーナーを使い、首吊り状態て生きたまま焼き殺すのが通常です。

20160208doubutu6

又、電氣衝撃機にかける殺し方もあります。
意識と感覚は残っていても体は硬直するので、痛みにもがくことも鳴くこともできません。
まだ生きている状態で、体の表面の毛からジリジリと焼けていき、じわじわと内臓や肉を焼いていく、最後の最後まで死にきれない残酷なやり方です。

そして、ぎゅうぎゅう詰めに檻に入れたまま、外から槍で突き刺すやり方。
小型犬、シーズやプードル、ダックスなどは、麻袋に入れられたまま地面に叩きつけられ、外から槍で刺されます。
麻袋の中から発狂に近い悲鳴が聞こえ、そして大量の血が滲み出てきます。

屠殺場では男が鉄棒を持って近づくと、犬達は一斉に怯え悲鳴を上げながら逃げ回ります。
それもそのはず、その横には瀕死の状態で血まみれになった他の犬達が倒れているから。
命乞いも虚しく、鉄棒で顔や頭を殴られ、立てなくなったところ腹を切り裂かれ、腸を引きずり出されます。

この様に執拗に残虐な方法で犬を屠殺する理由は、こうすることによって「肉質の栄養価が増す」「味がよくなる」という迷信を信じているからです。

その後彼らの体は切り刻まれ、人間の欲の為にバラバラになっていきます。

毛皮は剥がされ、フェイクファーと表示され世界中に出回ります。
犬の皮は安物の皮製品としてバッグや手袋、ベルトになります。
ゴルフをされる愛犬家の皆様。
ゴルフの手袋は90%以上が犬の皮を使っているということをご存知でしょうか。

肉は一部は現地で食べられ、あとのほとんどはアジア諸国や欧米へ輸出されます。
臓器はぐちゃぐちゃのミンチにされ、乾燥させ粉々の粉末にされ、色んな食品添加物として食品市場に出回ります。
「アミノ酸等」なんてまさにそれではないでしょうか。

忘れないでください。

この残酷な現実を作り出しているのは間違いなく需要側である私達日本人なのです。日本の市場にはこの犬達の無数の命が流れています。
イオンで販売しているコートのフードに付いているファーを見ましたか?
表示に「天然素材」としか記載されていません。
見た目も触り心地も、あれはおそらく犬の毛皮でしょう。
外食やお弁当に使われているソーセージやハンバーグや焼き肉は?それが何の肉か、どこから来ているのかトレーサビリティできますか?

20160208doubutu7

犬はペットだから可哀相。
でも牛は感謝していただく。
日本人には多いパターンだと思います。
しかし、この中途半端な生き方が、この様な終わりの無き犠牲を生み出しているのです。
牛も犬も豚も羊もみんな哺乳類。
人間の仲間であり、愛があり慈しみがあります。

彼らをもうこれ以上苦しめないで。
これ以上殺さないで。
食べないで。

日本人が肉食を止めれば世の中は大きく変わります。

この可哀想な犬達のためにも。

どうか今日から肉をやめてください。

小田奈々


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら