【一般無料】ノルデナウの水の謎(ニュース・市民の視点)


●日本でも多くの研究者が調査で訪れている

「ノルデナウの水」は日本でも注目する人が多く、取材班が訪れるよりはるか前から、
たくさんの人が調査研究で訪れています。

医学博士・林秀光氏の著書『奇跡の水は自分でつくろう』(光雲社刊)には、同博士の共同研究者である大丸智里氏が、
ノルデナウの水の成分を調べに行くくだりが紹介されています。

それによると、汲んだばかりの水は持参した水素センサーで0 ・35 ppmを示したそうです。

通常、水というものには、水素が水素のままで含まれていることはありません。
水を調べても、普通は水素が検出されることはほとんどないと言っていい。

水素が水中に分子(H2)のままで存在すれば、それは氣体であり、すぐに拡散して空中に逃げてしまいます。
原子のままで存在すれば、他の原子とすぐにくつついて他の物質になってしまうからです。

従って水素が0 ・35 ppm含まれているというのは、非常に珍しい状態です。

おそらくは常時水素が発生していて、どんどん空氣中に逃げていっても、まだ水中に水素が発生するのでしょう。
従って水素を発生する源がなくなれば、たとえノルデナウの水でも、水素は含まれない水に変わってしまうはずです。

実際に大丸氏がこの水を日本に持ち帰って、再び水素センサーで計測したところ、残念ながらやはり水素は全く検出されなかったとのことです。

では何故ノルデナウの水は良いのでしょうか。

つづく


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


無料メールNEWS登録こちら


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら