【一般無料】太っている人、痩せている人、認知症のリスクが高いのはどっち?(ピックアップニュース)


現代では認知症のリスクは、やせ過ぎると高まるという人もいますが、実は認知症も宿便が影響しているというデータもあります。

宿便とは胃腸の処理能力を超えて食べ続けた結果、腸内にこびりつく便の事です。
宿便は腸内細菌の酵素によって分解はされますが、その度に異常発酵を起こして、体内に吸収されてしまい、
その過程で出来た毒素が体に巡る事により、倦怠感や頭痛、肩こり、目眩などの症状が起こります。

そして、宿便はついには脳や心臓の血管が詰まる脳梗塞や心筋梗塞、癌、難病やアトピー性皮膚炎など実に色々な病氣を引き起こす、まさに万病の元なのです。

さらに血液が酸化してドロドロになりますから脳に栄養がうまく供給されなくなり、認知症のリスクは高まります。

また、ファスティングで、痴呆症・認知症が治ったというデータもあります。

神経細胞膜内のコレステロール量が増加すると、タンパクが脳内に蓄積し、
アルツハイマー病(痴呆症、認知症)を来たすと考えられていますので、ファスティングにより余分なコレステロールが取れた事により、認知症が改善したと言われます。

さらに、空腹時には血糖値を制御するインスリン分泌が低下し、インスリン量が低下すると特異タンパク「CRTC」は逆に活発化するため、
この(記憶力向上特異タンパク)の仕組みを利用して認知症や物忘れの程度を軽減できると言われています。

古今東西、メタボの長寿者はいません。また自然界にも肥満はいないのです。

スリムである事が人として、どうぶつとして正しい姿なのです。

しっかりとした情報選択をして正しい行いをしましょう。


☆なるほどくらぶ登録でさらに沢山の情報が手に入る!☆
(詳細はこちら)☆


塾や勉強会のご案内はこちら


安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら