【一般無料】秘密保護法案実施!(ニュース市民の視点)


アメリカに尻尾を振る日本人よ、もう眼を覚ませ!
本日より、いよいよ秘密保護法案が実施されます。

TPPも集団的自衛権もと、安部政権は市民虐待を得意とする政権。
まさに、強きを贔屓し、弱きを殺す、政権の法案がついに施行されます。

今回の選挙で危険極まりない与党の交代を図りたいものです。

日弁連他、秘密保護法案についての意見のまとめ。

秘密保護法は、具体的に何が問題なのでしょうか。

<プライバシーの侵害>

秘密保護法には、「特定秘密」を取り扱う人を調査し、管理する「適性評価制度」というものが規定されています。

調査項目は、 ローンなどの返済状況、精神疾患などでの通院歴…等々、プライバシーに関する事項を含め、
多岐にわたります。

秘密を取り扱う人というのは、国家公務員だけではありません。
一部の地方公務員、政府と契約関係にある民間事業者で働く人も含まれます。

その上、本人の家族や同居人にも調査が及ぶこととなり、広い範囲の人の個人情報が収集・管理されることになります。

<「特定秘密」の範囲>

「特定秘密」の対象になる情報は、「防衛」「外交」「特定有害活動の防止」「テロリズムの防止」に関する情報です。

これはとても範囲が広く、曖昧で、どんな情報でもどれかに該当してしまうおそれがあります。

「特定秘密」を指定するのは、その情報を管理している行政機関ですから、何でも「特定秘密」になってしまうということは、
決して大袈裟ではありません。

行政機関が国民に知られたくない情報を「特定秘密」に指定して、国民の目から隠してしまえるということです。

例えば、国民の関心が高い、普天間基地に関する情報や、自衛隊の海外派遣などの軍事・防衛問題は、
「防衛」に含まれます。

また、今私たちが最も不安に思っている、原子力発電所の安全性や、放射線被ばくの実態・健康への影響などの情報は、「テロリズムの防止」に含まれてしまう可能性があります。

これらが、行政機関の都合で「特定秘密」に指定され、主権者である私たち国民の目から隠されてしまうかもしれません。

その上、刑罰の適用範囲も曖昧で広範です。
どのような行為について犯罪者として扱われ、処罰されるのか、全く分かりません。

<マスコミの取材・報道の自由への阻害>

「特定秘密」を取得し漏えいする行為だけでなく、それを知ろうとする行為も、
「特定秘密の取得行為」として、処罰の対象になります。

マスコミの記者、フリーライター及び研究者等の自由な取材を著しく阻害するおそれがあります。
正当な内部告発も著しく萎縮させることになるでしょう。

<国会・国会議員との関係>

秘密保護法では、国会・国会議員への特定秘密の提供を厳しく制限し、国会議員も刑事罰の対象に含めるなど、
国会議員の権限や国会の地位との関係でも非常に大きな問題があります。

日本弁護士連合会。

◆秘密保護法の制定によって、不正選挙を糾弾している独立党の人たちが、弾圧される可能性があると指摘しましたが、
やはりその方向で動いているようです。

フリージャーナリストの人たちはよほど気をつけておかないと、処罰される可能性があります。
何度も説明しているように、日本はアメリカの後を追っており、アメリカでは政府が秘密の暴露を恐れて、
フリージャーナリストの人々が愛国者法によって弾圧されたからです。

しかしそれでもスノーデン氏のような人物が出てくるので、彼らの思うようにはいっていないというよりは、
崩壊の寸前という感じです。

過去の歴史を見ていても、独裁的な政権によって政治的に弾圧されていた人々の中から、
次の時代の大統領といった指導者が現れて来るものです。

政府の弾圧を恐れて口をつぐんでしまう人には、世界は変えられないでしょう。 (竹下雅敏)

◆松田美由紀 @MATSUDA_MIYUKI(松田優作さんの妻)。

ありえない!内閣官房審議官の鈴木良之(当時)が「秘密保護法案の解釈上、新聞・出版等の関係者以外の者が、
何万人も来場者があるブログにて時事評論をすることは処罰対象となる」と明言した。

などなど、まともな人の意見は当然このようになります。
国民の7割以上が洗脳状態にある日本国は、無思考人間の与党投票で沈没してしまいます。

増税、値上げ、偏った経済政策、アメリカの属国路線、アジアとの不仲を広げようとする与党はもういらない。
これ以上支援するのは止めましょう。

●無論、フェイスブックもツイッターも処罰の対象になりますので、お氣をつけ下さい。
しかし、ますますSNSの内容は下らないものが多くなることでしょう。

☆無料メールNEWSの登録はこちら☆

あなたの生活を守る真実の情報が手に入る!
☆あなチャン会員登録でさらに便利でコアな情報が手に入る!☆
(PC・スマートフォンでの詳細はこちら)☆

(携帯電話での詳細はこちら)☆

安心と安全が買えるインターネットショッピングサイトecoecofeelshopはこちら