【一般無料】捨てられた70匹の命達(どうぶつの声)


もう終わりにしよう!

ペットショップで犬を買わない、

命に値段はいらない、

小さく狭いショーケースからのSOS、

先日に引き続きまた、犬の繁殖業者が崩壊しました。

メディアに出てこないだけで、日々、このようなニュースが私の耳に届きます。
これはもうペット産業の崩壊を意味しているのでしょう。

繁殖業者はペット産業の足元ですから。
足元が崩れだすと破滅は早いです。

そして先日から世間を騒がせているニュース。

10/31、栃木県のさくら市内の鬼怒川河川敷で小型犬ばかりの死体約40匹が発見されました。
この中には服を着ていた犬もいたといい、すべて純血種、チワワやトイプードル、ミニチュアダックスであったと言います。

どの子も目立った外傷はなく、中には腐敗が進んでいる子もいたそうです。
いったいなぜ何のために、40匹もの小さな命が無残にも捨てられていたのでしょうか。

県警で死因を調べ、動物愛護法違反や廃棄物処理法違反の疑いで捜査を始めていた矢先、
また!すぐ近くの別の場所で同じような小型犬ばかりが27匹こちらも死んだ状態で遺棄されていました。

そこは那珂川町富士の山林、人氣が少なくとても淋しい場所でした。
林道から崖下に向かって投げ捨てられるように、犬たちは重なり合って死んでいたのです。

こちらも犬たちに外傷はなく、首輪をしている犬もいたそうです。
そしてなんと、柴犬とコーギーとトイプードル計5匹が生きて発見されました。

この子たちはずっと吠え続けいたらしく、近隣の住民がこんな山中に犬がいる事に不信感を抱き、
県警に通報し発覚しました。

林道から8メートルもの崖下に投げ込まれ、仲間の死体が散乱する中、どんな思いでずっと鳴いていたのでしょう。

この子たちはすぐに保健所に保護されました。
どうか処分しないであげてほしいです。

彼らは人間でいうと殺人事件の目撃者です。
きっとこの犯人は鬼怒川の40匹遺棄事件となんらかの関係があると思われます。

今回と合わせて約70匹…。
70匹もの罪なき命をこうも奪い去り、そしてゴミのように遺棄する。

絶対に許してはなりません。

そしてその解決のカギは、生き残ったこの子達にあるのです。
この子達の目が耳がすべてを知っているのですから。

彼らが喋れたら、彼らの言葉を理解できたら…。
私たちに何を語ってくれるでしょうか。

20141117_doubutu

20141117_doubutu2

20141117_doubutu3

(現在保健所に保護されてるコーギーと柴犬)

今捜査が進む段階で、殺された子達の死因は「薬殺」だと言う事がわかったようです。
さらに1匹の体内からマイクロチップが発見されました。

これは犯人に繋がる重要な手掛かりです。
犯人はおそらく繁殖業者であるだろうと言われています。

またもや…です。

もういい加減ペットショップで犬を買うのは止めませんか?

買う人がいるから!

生体販売が無くならず、お金儲けのために命を命とも思わない扱いをして、挙句の果てにゴミのように捨てる、

こんな悪徳業者がいなくなりません。

ペットショップに並んでいる子犬たちの親はいったいどこにいるのか、どんな扱いをされているのかを考えてください。

ペットショップで犬を買う人はこのような繁殖業者と同罪です。

それは何も犬猫だけではなく、首輪やドッグフード、服やベッド、トリミングも全てを言っています。

ペットショップやその関連にお金を払う行為自体が「加害者」になる事を理解してください。

どうしても子犬から飼いたい人は以下の事を知ってください。

ブリーダーには三種類あります。

①      犬の特性を熟知し、近親交配はせず、親犬の飼育にも愛情を注ぎ力を入れ、
適正な飼育環境の元に繁殖、飼育を行っている。

子犬は生後2~3か月までは親犬からは離さず、子犬が自立しだす3~4か月以降に飼い主へ譲渡する。

そしてな何よりも親犬の飼育環境を見せてくれる。何も隠さない。オープンである。

②      素人による無知な繁殖。

③      明らかに悪意のある悪徳繁殖業者やパピーミル(組織的繁殖業界)。

以上の中で、①以外はダメです。

世の中②と③が横行しているのでこのような不幸が後を絶たない、
そして氣付けば自分も加害者となってこれらに手を貸している事になっているのです。

20141117_doubutu4

(子犬生産工場と呼ばれるパピーミルの実態)

この現実を周りにも伝えてあげてください。

私は10年以上前から周りの友人や知人にこういう事を伝え続けています。
皆はペットショップで犬を買うことが当たり前で、それがステイタスだと思っていました。

私がこういう事をちょくちょく話すと友人達からは「また始まった、はいはい」などとよく茶化されたものです。
でもどうでしょう。

彼女達はその後自分で調べだし、やがて私の話を真剣に聞くようになり、ペットショップで犬を買う事を皆止めました。
それを知った時は本当に嬉しかったです。

友人宅で飼えなくなり保健所に持ち込まれそうになったトイプードルの里親になったYちゃん。

次の犬は絶対ペットショップで買うと言っていたのに、繁殖場からボロボロのシェパードを保護して里親になったAちゃん。

そして私の活動に共感してくれたSちゃん。

彼女は一流企業のバリバリのキャリアウーマン。
そんな多忙の中、捨て犬の保護活動を始め、休みの日に西へ東へと走りだしました。

彼女は今、その活動の中で出会った1匹の柴犬を伴侶として迎えました。

雑誌編集者をしている彼女は全国区の雑誌にそのような実態、保健所の事、里親の事を自ら掲載し、
今もたくさんの人に影響を与えています。

たった一人の価値観が変わる時、それは実はすごい可能性を秘めています。
だから喋り続け、動き続ける価値がそこにはある。

私はそう確信しています。

想像してみてください。

「日本での生体展示販売禁止決定!」

「日本でついに犬猫の殺処分ゼロを達成!」

いつの日かこんなニュースが全国の紙面を飾り、インターネットのトップニュースになり、
世界からは賞賛のエールが届き、全国の処分場が閉鎖になるのです。

ペットショップは姿を消し、代わりに保護施設が街に作られ犬達はペットではなく、伴侶となり、
彼らの存在価値やその能力はやがて社会に認められ、そしてどうぶつ達への畏敬の意が生まれるのです。

素晴らしい世の中だと思いませんか。
私は今から楽しみで仕方ありません。

だって本当にそんな未来がもう目の前に来ているから。
どうぶつ達の置かれている状況が今最も酷いのだとすれば、あとはもう上がるしかない、必ず良くなる…そう信じて。

そしてどうか今回の事件の犯人が一日も早く捕まり、正当な裁きの元、罪を償いますように。

小田奈々

☆無料メールNEWSの登録はこちら☆

あなたの生活を守る真実の情報が手に入る!
☆あなチャン会員登録でさらに便利でコアな情報が手に入る!☆
(PC・スマートフォンでの詳細はこちら)☆

(携帯電話での詳細はこちら)☆